利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

張飛伝

張飛益徳といい、涿郡の人である。若いころから関羽とともに先主劉備)に仕えていた。関羽が数歳年長であったので張飛は彼に兄事した。先主が曹公に従軍して呂布を破り、随従してに帰還したとき、曹公は張飛を中郎将に任命した。先主は曹公に背いて袁紹劉表に身を寄せ、劉表が卒去して曹公が荊州に入ると、先主は江南に遁走した。曹公はそれを追撃し、一日一夜かけて当陽長阪で追い付いた。先主は曹公が突然やってきたと聞くと、妻子を棄てて逃走し、張飛に二十騎を率いさせて拒後させた。張飛は川を足がかりに橋を断ち切り、目をらし矛を横たえて言うに、「身どもはこれぞ張益徳である。来い、ともに死を決しようぞ!」敵兵のうちあえて近付く者はいなかった。おかげで逃げ延びることができた。先主は江南を平定すると、張飛を宜都太守征虜将軍として新亭侯に封じ、のちに南郡に転任させた。先主が益州に入り、引き返して劉璋を攻撃したとき、張飛は諸葛亮らとともに流れを遡って攻め上り、手分けして郡県を平定した。江州に到達したとき、劉璋の将の巴郡太守厳顔を撃破し、厳顔を生け捕りにした。張飛は怒鳴りながら厳顔に言った。「大軍がやってきたというのに、どうして降服せず、あえて抗戦したのだ?」厳顔は答えた。「らは無作法にも我が州を侵略強奪した。我が州にはを断たれる将軍はあっても、降服する将軍などおらぬのだ。」張飛は怒り、左右に命じて(彼を)引き下がらせて頭をろうとした。厳顔は顔色を変えず、「頭を斫るならすぐに斫れ。怒ることなぞあるか!」と言った。張飛は勇壮だと思って彼を釈放し、招き寄せて賓客とした。[一]張飛は行く先々で戦いに勝ち、先主と成都で落ち合った。益州が平定されると、諸葛亮・法正・張飛および関羽に各々金五百斤、銀千斤、銭五千万、錦千匹を賜り、その他の人々にも各々格差を付けて分与し、張飛に巴西太守を領させた。

[一] 『華陽国志』に言う。はじめ先主がに入って巴郡にやってきたとき、厳顔は胸を叩きながら歎息した。「これこそ、奥山に一人で坐り、虎を放って自衛すると言うものだぞ!」

曹公は張魯を破ると、夏侯淵張郃を留めて漢川を守らせた。張郃は別働隊として諸軍を監督して巴西に下り、その地の民衆を漢中に移そうと考えて宕渠蒙頭盪石に軍を進め、張飛と対峙すること五十日余りになった。張飛は精兵一万人余りを率い、間道を通って張郃を待ち伏せて交戦したが、山道が迮狭であったため(張郃勢の?)前後は助け合うことができず、張飛はついに張郃を破った。張郃は乗馬を棄てて山中に逃げ込み、ただ麾下十人余りとともに間道を縫って退き、(後詰めに合流すると)軍勢を引率して南鄭に帰還したので、の地は平安になった。先主は漢中王になると、張飛を任命して右将軍仮節とした。章武元年(二二一)、車騎将軍に昇進して司隷校尉を領し、加増されて西郷侯に封ぜられた。(辞令)に曰く、「朕は天の序を継承して大いなる事業を嗣ぎ奉り、邪悪を排除し混乱を鎮めたが、未だ道理を尽くし照らすことはできずにいる。いま寇虜どもが害をなして民衆は危害を被っており、漢朝を思慕する士は鶴のごと頸を延ばして待ち望んでいる。朕は憂慮を抱き、坐るときも席に落ち着かず、食べるときも味が分からない。軍勢を整えて宣誓し、いま天罰が行われようとしているのだ。君の忠誠豪毅は召虎に匹敵し、名声は遠近に鳴り響いている。ゆえに格別に命令を顕示し、城壁を高めて爵位を進め、京師を司る役目を兼ねさせることとする。さあ大いに天威を用い、徳によって帰服する者を手懐け、刑によって叛逆する者を伐ち、朕の意志にかなえよ。『詩(経)』に言うではないか。『ませるでない、かすでない。王国とはに来させるものだ。の功績をり、に賜与して恩寵とする。』努力しないでいられようか!」

はじめ張飛の雄壮威猛は関羽に次ぐもので、の謀臣程昱らはみな(関)羽・(張)飛は一万人相当だと称えていた。関羽は兵卒をよく待遇したが、士大夫に対しては驕慢であった。張飛は君子を敬愛したが、小人に対しては憐れみをもたなかった。先主はいつも彼を戒めて言っていた。「卿が刑罰によって殺すことは過差(行き過ぎ)があるし、そのうえ日ごと健児を笞打ち、そのくせ左右に控えるよう命じている。これはを招くやり方だぞ。」張飛はそれでもめなかった。先主はを討伐するとき、張飛に軍勢一万人を率いさせて、閬中を出立させて江州で合流しようとした。進発するに臨み、彼の帳下の将張達范彊が張飛を殺し、その首を持って、流れに乗って孫権のもとに奔った。張飛陣営の都督が上表して先主に報告したが、先主は張飛の都督から上表があると聞いて、「ああ!張飛が死んだ」と言った。張飛に追諡して桓侯と言った。長子張苞は早くに夭折した。次子張紹が後を嗣ぎ、官位は侍中尚書僕射まで昇った。張苞の子張遵尚書となり、諸葛瞻に従軍し、緜竹において鄧艾と戦って死んだ。

張飛傳

張飛字益德,涿郡人也,少與關羽倶事先主.羽年長數歲,飛兄事之.先主從曹公破呂布,隨還許,曹公拜飛為中郞將.先主背曹公依袁紹﹑劉表.表卒,曹公入荊州,先主奔江南.曹公追之,一日一夜,及於當陽之長阪.先主聞曹公卒至,棄妻子走,使飛將二十騎拒後.飛據水斷橋,瞋目橫矛曰:「身是張益德也,可來共決死!」敵皆無敢近者,故遂得免.先主旣定江南,以飛為宜都太守﹑征虜將軍,封新亭侯,後轉在南郡.先主入益州,還攻劉璋,飛與諸葛亮等泝流而上,分定郡縣.至江州,破璋將巴郡太守嚴顏,生獲顏.飛呵顏曰:「大軍至,何以不降而敢拒戰?」顏答曰:「卿等無狀,侵奪我州,我州但有斷頭將軍,無有降將軍也.」飛怒,令左右牽去斫頭,顏色不變,曰:「斫頭便斫頭,何為怒邪!」飛壯而釋之,引為賓客.[一]飛所過戰克,與先主會于成都.益州旣平,賜諸葛亮﹑法正﹑飛及關羽金各五百斤,銀千斤,錢五千萬,錦千匹,其餘頒賜各有差,以飛領巴西太守.

[一] 華陽國志曰:初,先主入蜀,至巴郡,顏拊心歎曰:「此所謂獨坐窮山,放虎自衞也!」

曹公破張魯,留夏侯淵﹑張郃守漢川.郃別督諸軍下巴西,欲徙其民於漢中,進軍宕渠﹑蒙頭﹑盪石,與飛相拒五十餘日.飛率精卒萬餘人,從他道邀郃軍交戰,山道迮狹,前後不得相救,飛遂破郃.郃棄馬緣山,獨與麾下十餘人從問道退,引軍還南鄭,巴土獲安.先主為漢中王,拜飛為右將軍﹑假節.章武元年,遷車騎將軍,領司隸校尉,進封西鄕侯,策曰:「朕承天序,嗣奉洪業,除殘靖亂,未燭厥理.今寇虜作害,民被荼毒,思漢之士,延頸鶴望.朕用怛然,坐不安席,食不甘味,整軍誥誓,將行天罰.以君忠毅,侔蹤召虎,名宣遐邇,故特顯命,高墉進爵,兼司于京.其誕將天威,柔服以德,伐叛以刑,稱朕意焉.詩不云乎,『匪疚匪棘,王國來極.肇敏戎功,用錫爾祉』.可不勉歟!」

初,飛雄壯威猛,亞於關羽,魏謀臣程昱等咸稱羽﹑飛萬人之敵也.羽善待卒伍而驕於士大夫,飛愛敬君子而不恤小人.先主常戒之曰:「卿刑殺旣過差,又日鞭撾健兒,而令在左右,此取禍之道也.」飛猶不悛.先主伐吳,飛當率兵萬人,自閬中會江州.臨發,其帳下將張達﹑范彊殺飛,持其首,順流而奔孫權.飛營都督表報先主,先主聞飛都督之有表也,曰:「噫!飛死矣.」追諡飛曰桓侯.長子苞,早夭.次子紹嗣,官至侍中尚書僕射.苞子遵為尚書,隨諸葛瞻於緜竹,與鄧艾戰,死.