利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

黄忠伝

黄忠漢升といい、南陽の人である。荊州牧劉表が(彼を)中郎将とし、劉表の従子劉磐と一緒に長沙県を守らせた。曹公荊州を打ち破るに及び、裨将軍を仮に代行し、従来の任務に就いて長沙太守韓玄に属した。先主劉備)が南進して諸郡を平定したので、黄忠はそのまま礼物を捧げて(臣従し)、随従してに入った。葭萌にいて任務を与えられ、引き返して劉璋を攻撃した。黄忠はつねに先登して敵陣を陥れ、勇武豪毅は三軍でも随一だった。益州が平定されたのち、任命を受けて討虜将軍となった。建安二十四年、漢中定軍山において夏侯淵を攻撃した。夏侯淵の軍勢ははなはだ精強であったが、黄忠は鋭鋒を打ち砕いてひるまず進み、配下の士卒を励ますと、鐘や太鼓は天を振るわせ、鬨の声は谷を動かし、一戦にして夏侯淵を斬った。夏侯淵軍は大敗した。征西将軍に昇進した。この年、先主は漢中王となり、黄忠を任用して後将軍にしようと思ったが、諸葛亮が先主を説得して言うには、「黄忠の名声徳望は、もとより関(羽)・馬(超)と同類ではありません。それなのに今にわかに同列にしようとなさる。馬・張(飛)は近くにいて彼の武功を自分の目で見ておりますから、まだしもお考えを納得させられましょうが、関は遠くから彼(の活躍)を聞いているだけなので、きっと喜ばないでしょう。よからぬことではありますまいか!」先主は言った。「自身で彼に説明しよう。」ついに関羽らと同等の位に就け、関内侯の爵位を賜った。翌年に卒去し、剛侯追諡された。子の黄叙は早くに没し、跡継ぎはなかった。

黃忠傳

黃忠字漢升,南陽人也.荊州牧劉表以為中郞將,與表從子磐共守長沙攸縣.及曹公克荊州,假行裨將軍,仍就故任,統屬長沙守韓玄.先主南定諸郡,忠遂委質,隨從入蜀.自葭萌受任,還攻劉璋,忠常先登陷陳,勇毅冠三軍.益州旣定,拜為討虜將軍.建安二十四年,於漢中定軍山擊夏侯淵.淵眾甚精,忠摧鋒必進,勸率士卒,金鼓振天,歡声動谷,一戰斬淵,淵軍大敗.遷征西將軍.是歲,先主為漢中王,欲用忠為後將軍,諸葛亮說先主曰:「忠之名望,素非關﹑馬之倫也.而今便令同列.馬﹑張在近,親見其功,尚可喩指;關遙聞之,恐必不悅,得無不可乎!」先主曰:「吾自當解之.」遂與羽等齊位,賜爵關內侯.明年卒,追諡剛侯.子敘,早沒,無後.