利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

董昭伝

董昭公仁といい、済陰定陶の人である。孝廉に推挙されたのち、廮陶県長柏人県令に任じられ、袁紹参軍事とした。袁紹が界橋において公孫瓚を迎撃したとき、鉅鹿太守李邵および郡の実力者たちは、公孫瓚の軍勢が強力だとて、みな公孫瓚に荷担しようとしていた。袁紹はそれを聞いて董昭に鉅鹿を領させ、訊ねた。「なんとして防ぐ?」答えて言う。「一人の微力さでは大勢の企てを消すことができませんから、彼らの心を誘うため、同調して謀議に加わろうかと思います。奴らの実情をつかんでから、その場の判断によって制御するだけのことです。計略はその場に居合わせてこそ出てくるものですから、まだ申し上げることはできませぬ。」ときに郡の右姓(豪族)孫伉ら数十人が勝手に指導者面をして、官吏民衆を煽動していた。董昭は郡に到着すると、袁紹の郡への檄文を偽作して宣言した。「賊の斥候である安平張吉の供述を得られた。(公孫瓚が)鉅鹿を攻撃するに際して、賊のの孝廉孫伉らが内応する手筈とのことである。檄文が届いたならば軍法を執行せよ。罪悪は当事者の身に留め、妻子を連座させることのないように。」董昭は檄文を根拠として命令を下し、みなを即座に斬首した。郡内はこぞって恐慌状態になったが、それから次第に落ち着いてゆき、最後にはすっかり平穏になった。仕事が片付いてから袁紹に報告すると、袁紹も素晴らしいものだと称えた。そのころ魏郡太守栗攀栗成)が兵士に殺害されたため、袁紹は董昭に魏郡太守を領させた。このとき領内では大規模な反乱が起こっており、賊徒は万単位で数えられた。(彼らは)使者を往来させて市場で交易していたので、董昭はそれを手厚く待遇し、そのまま利用して間者となした。虚に乗じて奇襲をかけると、あっけなく撃破して大勝利を収めた。二日のうちに羽檄(捷報?)は三たびも届けられた。

董昭の弟董訪張邈の軍中にいた。張邈と袁紹とは仲が悪かったため、袁紹は讒言を信じて董昭を処刑しようとした。董昭は(逃亡して)献帝劉協)の元に参詣しようとしたが、河内まで来たところで張楊に抑留された。張楊を通じて印綬を返上し、騎都尉を拝命した。当時、太祖曹操)が兗州を領しており、使者を張楊の元に派遣して、長安に西上するので道を貸して欲しいと申し入れていたが、張楊は承知しなかった。董昭は張楊を説得して言った。「袁・曹は一家族のようになっておりますが、情勢からいって永久に仲間ではいられませぬ。曹はいま劣勢ではございますが、しかし実のところは天下の英雄であります。彼と手を結ぶ故になりましょう。ましてや、いま機会ができたのですから、彼に(天子への)ご挨拶を通じさせてやり、同時に上表して彼を推薦なさるのがよろしゅうございます。もし事業が完成いたしますれば、親密な関係は永久に続きましょう。」張楊はそれを承けて太祖の挨拶を通じさせてやり、上表して太祖を推薦した。董昭は太祖のために長安の諸将李傕・郭氾らに手紙を送り、それぞれの身分に従って慇懃な礼を尽くした。張楊もまた太祖の元に使者を派遣した。太祖は犬・馬・金・絹を張楊に贈り、こうして西方と往来するようになった。天子の安邑に行在されたとき、董昭は河内から出かけてゆき、詔勅により議郎を拝命した。

建安元年(一九六)、太祖はにおいて黄巾賊を平定すると、使者を河東へと派遣した。ちょうど天子は洛陽に帰還したところであったが、韓暹・楊奉・董承および張楊はそれぞれに後ろ暗いところがあり仲が悪かった。楊奉が最強の兵馬を抱えながら支援してくれる仲間が少なかったことから、董昭は太祖の手紙を(代わりに)書いて楊奉に送った。「は将軍が名誉を求め、正義を慕う方であると信じ、こうして真心をお伝えします。いま将軍は万乗(の君主)を艱難から救い出し、旧都へと戻されました。補佐翼賛の功績は一世に超越して比肩する者はありません。なんとめでたきことでしょうか!いまや群れなす凶徒どもがさんとしており、天下は未だ静謐ならず、この上なく尊い神器は、補佐の如何に掛かっております。あまたの賢者を迎えて王道を清める必要があり、真実、一人の独力でもって成し遂げられるものではありません。心、腹、四肢は実際のところ支え合っているもので、一つでも不足していれば欠陥があるということになります。将軍は内部で主導してください。吾が外部で支援しましょう。ただいま吾には食糧があり、将軍には軍兵があり、互いに欠けているものを融通し合えば、ともに充足することができます。死生の契闊をともに分かち合いましょう。」楊奉は手紙を受け取って喜び、将軍たちに語った。「兗州諸軍がすぐ近くの許にあり、軍勢も食糧も抱えておる。国家が頼りにすべき相手だ。」こうして連名で上表して太祖を鎮東将軍とし、父の爵位を継がせて費亭侯とした。董昭は符節令に昇進した。

太祖は洛陽に上って天子に拝謁すると、董昭を招き、傍らに座らせて訊ねた。「いまはここまでやって来たわけだが、いかなる計略を実施すべきであろうか?」董昭は言った。「将軍が義兵を挙げて暴虐を誅し、天子に拝謁して王室を翼賛されたのは、これぞ(春秋の)五伯の功績でございます。ここに控えおる諸将は一人ひとり意見が違っており、必ずしも服従しているわけではありません。いま(洛陽に)留まって輔弼なさるのは、成り行きによっては不便を被ることになりますから、ただ御車を移して許に行幸させるだけです。とはいえ、朝廷は流浪のすえ、ようやく旧京に帰ってきたばかりですので、遠きも近きも、首を長くして朝廷挙げての平安を願っております。ここでまたもや御車をお移しするとなれば、人々の心を満足させられますまい。そもそも尋常でない仕事を行ってこそ、初めて尋常でない功績が立てられるのです。願わくば将軍よ、その多い方を計算してくださいませ。」太祖は言った。「それこそ孤の本望だ。(しかし)楊奉がすぐ近くのにおって、その軍勢は精強であると聞く。孤の足手まといにはならぬだろうか?」董昭は言った。「楊奉は支援する仲間が少なく、単独で(将軍に)臣従しようとさえしているのです。鎮東・費亭の一件も、全て楊奉が決めたことなのです。それに、文書を交わした契約は信頼を置くのに充分である、とも申します。事あるごとに手厚い贈り物で返礼して彼を安心させるとともに、『京都には食糧がないので、車駕をひとまず魯陽に行幸させたい。魯陽は許に近く、輸送も少しはやりやすくなり、遠方ゆえに欠乏するという心配をなくすことができる』と説得するのがよろしゅうございます。楊奉の人となりは勇敢でありますが思慮は浅く、必ずや疑われることはありますまい。使者が往来している間にも計画を定めることができましょう。楊奉なんぞがどうして足を引っ張れましょうや!」太祖は言った。「素晴らしい。」すぐさま使者を楊奉の元にやり、御車をして許に到着した。楊奉はそれからというもの希望を失い、韓暹らとともに定陵へ行って略奪を働いた。太祖は応戦せず、梁まで密行して彼らの陣営を攻撃し、降服させたり誅殺したりして、即日平定した。楊奉・韓暹は人数を失い、東行して袁術に帰参した。三年、董昭は河南尹に昇進した。そのころ、張楊が配下の将楊醜に殺され、張楊の長史薛洪河内太守繆尚が城を固めて袁紹の救援を待ち望んでいた。太祖の命により董昭が単身入城して薛洪・繆尚らを説得すると、(薛洪らは)その日のうちに軍勢を挙げて降服した。董昭を冀州とした。

太祖が劉備に命じて袁術を防がせたとき、董昭は言った。「劉備は勇敢にして野心大きく、関羽・張飛が彼のために羽翼となっております。劉備の心はまだ測りかねまするぞ!」太祖は言った。「吾はもう決めてしまったのだ。」劉備は下邳に到着すると、徐州刺史車胄を殺して反逆した。太祖は自身で劉備を征討し、董昭を徐州牧に転任させた。袁紹が将顔良を派遣して東郡を攻撃したとき、また董昭を魏郡太守に転任させて顔良討伐に従軍させた。顔良の死後、進軍して城を包囲する。袁紹一門の袁春卿が魏郡太守として城中にあり、その父袁元長揚州にあったため、太祖は人をやって彼を迎え入れた。董昭は袁春卿に手紙を送って言った。「思いまするに、孝子は利益のため親に背かず、仁者は私欲のため君を忘れず、志士は幸運を望んで乱を願わず、智者は自己を危険に陥れてまで邪道を行わない、と聞き及んでおります。足下大君が、往昔、内地の災難を避けて南方は百越の地に遊ばれたのは、骨肉を疎まれたのではなく、かの呉会を願われたからでした。智者の深い見識があって初めて、そのように決断できるのでしょう。その志を貫いたことと高潔さによって仲間と離ればなれになったことを、曹公(曹操)は憐れみ、それゆえ格別に使者を江東へ遣され、迎える者もあれば送る者もあって、今にでも到着しそうな様子です。たとい足下が偏平の地(平和な地方)に立ち、徳義の主に仕え、泰山の固きに拠り、喬松(長寿の仙人王子喬・赤松子)の友に加わろうとも、道義的に言えば、それでもそちらに背いてこちらへ向かい、民草を捨てて父親にすがるものでしょう。しかも、儀父が初めて隠公と会盟したとき、の人々はそれを歓迎しつつも爵位を記さなかったことがありますが、さすれば王がまだ任命していなければ、爵位の尊貴さは完成しないというのが春秋の道義なのです。ましてや、足下が今日(身を)託しておられるのは危険の国、受けているのは虚偽の命なのですから、なおさらのことでしょう?もし不逞の輩と付き合って、自分の父を思いやらないのであれば、孝と言うことはできませんし、祖先のおわします本朝を忘れて、未だ正式でない奸職に就かれるのであれば、忠と言うことはむつかしく、忠・孝ともにお捨てになるのであれば、智とは言い難いのです。それに足下は昔日、曹公から鄭重に招聘されました。そもそも一族とは親しんで生みの親を疎んじ、仮住まいを内として王室を外とし、不正な禄をもらって知己の恩に背き、幸福を遠ざけて危険を近づけ、高らかな道義を棄てて大きな恥辱を拾われる。なんと勿体ないことではありませんか!もし翻然と態度を改め、帝を奉じて父を養い、我が身を曹公に委ねられますれば、忠孝は失われず、栄誉は高められましょう。深く計算を徹底し、速やかに良策を決行してください。」鄴が平定されると、董昭を諫議大夫とした。のちに袁尚烏丸蹋頓に身を寄せたので、太祖はこれを征伐しようとしたが、軍糧の輸送が困難であろうと懸念された。平虜・泉州の二つの運河を掘って海へ引き、運送を通じさせたのは董昭が建議したものである。太祖は上表して(董昭を)千秋亭侯に封じ、転任して司空軍祭酒を拝命した。

のちに董昭は建議した。「古代に倣って五等の封爵を建設するのがよろしゅうございましょう。」太祖は言った。「五等を建設するのは聖人である。それに人臣の制定するものではない。吾なんぞがどうして応えられようか?」董昭は言う。「古代以来、人臣として世を正すのに、今日ほど功績を立てた者はありませんでした。今日ほど功績を立てていても、長らく人臣の姿勢を保ち続けた者はありませんでした。いま明公は徳の薄さと善行の不充分さを恥とし、名誉節義を保ちつつ大きな過失を犯さぬよう願っておられますが、盛徳のうるわしさは伊(尹)・周(公)(古代の名臣)を上回り、これこそ至高の徳義を極めたものでございます。さりとて太甲・成王(伊・周の主君)は必ずしも出会えるとは限りませぬ。いま民衆が教化を受け入れざる有様は殷・周よりもひどく、大臣の姿勢を保つのは他人から大それた意図を疑われることになり、誠に熟慮せずにはいられませぬ。明公は威厳恩徳に高らか、法律政治に明らかではございますが、それでも、その基礎を定めなければ、万世の計略を立てようとしても達成いたしかねましょう。基礎固めの要諦は、地と人とにございます。少しづつ建立を進めてゆき、ご自身の藩塀となさるのがよろしゅうございましょう。明公の忠義は歴然、天の威光がお顔に現れておりますゆえ、耿弇の牀の下での言葉、朱英の思いがけぬことについての議論でさえ、お耳に入ることはできますまいが、董昭は非凡の恩義を受けており、あえて言上せずにはいられないのでございます。」[一]のちに太祖はついに魏公・魏王の号を拝受したが、みな董昭が口火を切ったものである。

[一] 『献帝春秋』に言う。董昭は列侯・諸将と議論し、丞相(曹操)の爵位を進めて国公とし、九錫を持たせることで殊勲を表彰すべきだと考え、荀彧に手紙を送って言った。「むかし周旦・呂望周公旦・太公望呂尚)は氏の最盛期に直面し、二聖(文王・武王)の偉業を足がかりに成王の幼時を助けました。このような(達成しやすい)勲功であっても、なお高い爵位を拝受し、領土を賜って建国できたのです。末世の田単も強力な軍を駆って、衰弱したへの恨みを晴らし、七十城を回復して襄王を呼び戻しました。襄王は田単に褒美を取らせ、東では掖邑の領土を、西では菑上の娯楽(?)を与えたのです。過去においては、これほど手厚く功績に報いたのでございます。ただいま曹公は、海内の転覆と宗廟の焼失に遭遇され、甲冑に身を固めて征伐に駆けずりまわり、風でくしけずり雨を浴びること三十年にならんとしており、群れなす凶徒どもを刈って百姓たちのために害を除き、漢室を復旧して劉氏に祭祀を行わせられました。それを過去の方々と比較するのは泰山と小さな丘とを比較するようなものであって、どうして同日に論じられるものでありましょうか?今、考えもなく諸将・功臣とともに一県に封じているばかりですが、それが果たして天下の希望に沿ったものでしょうか!」

関羽が曹仁を包囲したとき、孫権が使者を派遣して「軍兵を西上させて関羽を襲撃いたしたく存じまする。江陵・公安は重鎮でありますので、関羽は二城を失えば必ずや自分の方から敗走いたし、樊軍の包囲も救わずして自ずと解けるというものです。関羽に備えさせぬため、なにとぞご内密にしてお漏らしなきよう」と言ってきた。太祖が羣臣に諮ったところ、羣臣もみな内密にすべきだと言った。董昭は言った。「軍事は権謀を尊び、(その時々の)都合に合わせるものです。孫権には内密にすると答えておきつつ、一方ではこっそり知らせておくのがよろしゅうございます。関羽が孫権の進軍を聞いて、もし引き揚げて自衛に努めたならば、包囲は速やかに解け、その利益はすぐにでも得られますし、賊軍双方にをかませて対峙させておけば、彼らの疲弊を座ったまま待つばかりです。内密にして知らせないというのは、孫権の野心を満たしてやることになり、上計ではございませぬ。また、包囲内の将兵が救援あることを知らなければ、食糧を計算するたびに恐怖を抱き、万一、二心を抱いて小さからぬ困難を起こすこともありましょう。これを知らせるのが都合に適っております。それに、関羽の人となりは強情でありますゆえ、二城の守備の堅固さを自負して、決してすぐには引き返さないことでしょう。」太祖は言った。「素晴らしい。」すぐさま救援軍の将徐晃に命じ、孫権の書状を包囲内および関羽陣内に射込ませた。包囲内ではそれを知って志気百倍である。関羽はやはり猶予した。孫権軍が到来して彼の二城を手に入れると、関羽は破滅した。

文帝曹丕)は王位に就くと、董昭を将作大匠に任じた。践祚したとき大鴻臚に昇進、封爵を右郷侯に進められた。(黄初)二年(二二一)、食邑から百戸を分割して、董昭の弟董訪に関内侯の爵位を賜い、董昭を侍中に異動させた。三年、征東大将軍曹休洞浦口に在陣し、長江に睨みをきかせつつ上表した。「精兵を率いて江南をのし歩きたく存じまする。そうして敵の物資を奪ってゆけば計画は必ず成功いたしましょう。もしが無くとも、ご懸念には及びませぬ。」帝は曹休が不用意に長江を渡るのを恐れ、駅馬を走らせて中止の詔勅を下した。そのとき董昭はお側に侍っていたので、そこで言った。「恐れながら陛下のご憂慮の色を拝察いたしました。曹休が長江を渡ることだけが問題なのでしょうか?ただいま長江を渡ることは人情として従いにくく、たとい曹休にそのつもりがあったとしても、実状からいえば単独で行くことはできず、諸将(の支持)が必要になります。臧霸らはすでに富貴の身であり、それ以上に望みはなく、ただ天寿を全うすること、俸禄を保持することだけを願っております。どうして危険を冒して死地に身を投じ、幸運を求めることを承知いたしましょう?もし臧霸らが賛成しなければ、曹休の気持ちも自然と落ち着くことでしょう。臣が恐れますのは、陛下が渡河を命ずる詔勅を下されても、なお思惑を深めて、すぐにはご命令に従わないことでございます。」それから間もなく、暴風が賊の艦船に吹き付け、残らず曹休らの陣営まで漂流させた。斬首したり捕虜にしたりすると賊兵どもは逃げ散った。詔勅を下して諸軍の渡河を督促したが、軍がすぐさま進発しなかったため、賊軍の救援船が到着してしまった。

御車がに行幸したとき、征南大将軍夏侯尚らは江陵を攻撃していたが、まだ陥落させられずにいた。そのとき長江は(水量が少なかったため)浅くて狭く、夏侯尚は歩騎を率いて乗船し、渚に入って屯所を構え、浮き橋を作って南北に往来できるようにしたいと考えた。論者の多くは(そうすれば)城を必ず陥落させられるだろうと言った。董昭は上疏して言った。「武皇帝(曹操)の智勇は人並みに外れ、用兵は敵軍を恐怖させるほどでしたが、このように(敵を)軽んじることはございませんでした。そもそも軍事において進軍を尊んで撤退を卑しむのは当然の理でございますが、土地が平らで険阻でない場合においてさえ困難があるくらいですから、深く進入するに当たっては退路をよくよく整備しておくことが必要です。軍事には進退が付き物で、思った通りにはなりません。いま渚に駐屯するというのは深さの極み、浮き橋で渡るというのは脆さの極み、道一つで通行するというのは狭さの極みであります。三つとも兵家の戒めるところですが、ただいま、それを実行しているのです。賊兵が何度も橋を攻撃するうち、万が一にも失陥するようなことがあれば、渚の精鋭はの所有ではなくなり、一転してのものに変化いたしましょう。臣は密かにそれを心配して寝食を忘れるほどですのに、論者たちが満悦して憂慮を抱いていないのは迷妄ではありますまいか!しかも長江の水量は増えつつあります。もし一日でどっと急増したなら、どうやって防ぐのでございましょうか?たとい賊軍を破れずとも自身は完全であるべきです。どうして危険を冒しながら恐怖せずにいられましょう?事態は危険に迫りつつあります。陛下、これをお察しくださいますよう!」帝は董昭の言葉にはっと気が付き、すぐさま詔勅を下して夏侯尚らに撤退するよう督促した。賊軍が二手に分かれて進んできたのに対し、官軍は道一つで撤退することになったため、すぐにはることができず、将軍石建・高遷などは自力でようよう落ち延びたほどであった。軍兵が撤退して十日ばかりで長江の水量は激増した。帝は言った。「この一件についての君の議論は、なんと明瞭であったことか!いま張(良)・陳(平)に関わらせたとしても、何を付け加えることがあろう。」五年、成都郷侯に移封され、太常を拝命した。その年、光禄大夫・給事中に転任した。御車の東征に随従して、七年に帰還、太僕を拝命した。明帝曹叡)が即位すると、爵位を楽平侯に進められて食邑千戸となり、衛尉に転任した。食邑百戸を分割して、子一人に関内侯の爵位を賜った。

太和四年(二三〇)に行司徒事(司徒職の代行)となり、六年には正規に任官された。董昭は上疏して末世の風俗の弊害について陳述した。「およそ天下を握った者のうち、質朴忠実の士を尊ばぬ者はありませんでした。虚偽不実の人を深く憎んだのは、彼らが政治を混乱させたり風俗を損壊したりするからです。近くは魏諷が建安年間(一九六~二二〇)末期に誅殺され、曹偉が黄初年間(二二〇~二二七)初期に処刑されました。伏して思いまするに、前後にわたる詔勅では軽薄さと偽りとを深く憎まれ、邪悪な一党をぶちのめしたいものだと、いつも歯軋りしておられました。ところが法律を扱う役人たちはみな彼らの威勢を恐れ、糾弾摘発する者がなかったのでございます。風俗の破壊は次第次第にひどくなりつつあります。密かに現代の若者たちを観察いたしますれば、学問を根本であるとは思わず、その替わりに交遊することばかりに専念し、国士でさえ孝行清潔を第一とはせず、なんと権勢にすり寄って利益追求を優先する有様でございます。徒党を組んで群れを連ね、お互いを褒め合い、誹謗中傷によって処罰代わりにしたり、徒党の評判でもって賞賜代わりにしたりして、自分たちに味方する者には歎じて言葉をれさせ、味方せぬ者には瑕釁(難癖)を付けております。その挙げ句、『この時代、どうして世渡りできぬことを心配することがあろう、(もし失敗するとすれば、その理由は)ただ人脈作りに励まぬせいで顔の広くないことだけである。またどうして己の知られないことを心配することがあろう矣、ただ薬を飲ませて懐柔するだけである』と言い合うまでになりました。また聞いたところでは、ある人物が子飼いの食客に官僚の家人だと名乗らせ、それを出入りの口実として禁中にまで往来させており、行き交う公文書が検閲されている場合があるとのこと。大体このような行為は、みな法の摘発せぬところ、刑の容赦せぬところであって、魏諷・曹偉の罪でさえもこれ以上ではありますまい。」帝はこのことから問責の詔勅を発し、諸葛誕・鄧颺らを罷免することとした。董昭は八十一歳で薨去し、定侯された。子の董胄が後を継いだ。董胄は郡守・九卿の官位を歴任した。