利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

倉慈伝

倉慈孝仁といい、淮南の人である。はじめ郡吏となった。建安年間(一九六~二二〇)、太祖曹操)は淮南で屯田を行い(作業員を)公募したとき、倉慈を綏集都尉にした。黄初年間(二二〇~二二七)末期、長安県令となったが、清廉・簡潔で筋目があったので、官吏・民衆は畏怖しながらも彼を愛した。太和年間(二二七~二三三)、燉煌太守に昇進した。郡は西の果てにあり、騒乱によって隔絶し、太守のまるでいないまま二十年となっており、大姓(豪族)は雄々しく威張り、とうとうそれが習いとなってしまった。前任の太守尹奉らは先例に従うに留まり、改革矯正することがなかった。倉慈が着任すると、権威ある者を抑え挫き、貧しく弱い者を慰め憐れみ、はなはだ理にかなっていた。古くからの大氏族は田地が余りあるのに、貧しい民衆は立錐の土地さえなかったのだが、倉慈はみな人数ごとに賦役を割り当てて、次第しだいに本来の状態へと終わらせていった。それ以前、属下の城邑では訴訟ごとが数多いうえ紛糾し、県では判決を下すことができず、多くが郡役所に持ち込まれていた。倉慈は自ら赴いて観察し、軽重を料簡して、死罪に当たらないものからは、ただ鞭打ちに留めてこれを釈放し、一年あたりの処刑執行は十人未満を超えることはなかった。また、かつて西域の種々の胡族たちが来朝して貢ぎ物を献上したがっていたとき、諸豪族の多くが叛逆していたため道を絶たれていた。そして貿易できるようになると、(諸豪族は)詐欺を働いたり押し買いをしたりして、多くの場合(取り引きは)公明ではなかった。胡族はつねづね恨みに思っていたが、倉慈はみな彼らをいたわり、洛陽に参詣したい者には「過所」を作ってやり、郡から帰還したいと願う者には、お上が平等に取りはからって、たびたび役所が監査役となって一緒に交易をし、官吏・人民を動員して道中を護送させた。こうして民衆もも心を一つに合わせて彼の人徳・恩恵を称えた。数年して在官のまま卒去した。官吏・民衆は悲しみ歎き、親戚のように喪に服し、彼の姿を絵に描いてその遺影を思慕した。西域の諸々の胡族は倉慈が死んだと聞き、ことごとく連れ立って戊己校尉や長吏(県令・県長)の役所のもとに集まり哀悼の意を表した。ある者は刀で顔面を区切り、それによって血の証を立てた。また祠を立てて共同して遥かに彼を祀った。[一]

[一] 『魏略』に言う。天水王遷が倉慈の後を受けて交代し、その行跡に倣ったが及びつかなかった。金城趙基が王遷の後を受け継いだが、やはり王遷に及ばなかった。嘉平年間(二四九~二五四)になると、安定皇甫隆が趙基に代わって太守となった。むかし燉煌は耕作のことをよく知らず、いつも灌漑をしては水を貯め(?)、すみずみまで水浸しにしてしまい、そのあとになってから耕し始めた。また「耬犂」(牛に牽かせる鍬)を作る方法もよく知らず、水を引いて種を播くころには、人も牛もすっかり労力を使い果たし、それでいて収穫はいよいよ少なくなるのである。皇甫隆は着任すると「耬犂」を作る方法を教えてやり、また灌漑の仕方も教え、歳の(収穫の)終わりにざっと計算すると、労力を省いたところは半分以上なのに、収穫は五割増しであった。また燉煌の習俗では婦人はを着用したが、羊の腸のように縮れさせていたので布一疋が必要であった。皇甫隆はまた禁止してこれを改造し、省かれたのはまたもや目を見張らずにはいられなかった。そのため燉煌の人が思うには、皇甫隆は強い決断力と厳格さにおいては倉慈に及ばないが、慎み深く恵み深いことで下々に利益を与えたことでは、彼に次ぐ者だとした。

太祖の時代から咸煕年間(二六四~二六七)まで、魏郡太守である陳国呉瓘清河太守である楽安任燠京兆太守である済北顔斐弘農太守である太原令狐邵済南国のである魯国孔乂は、ある者は憐れみをもって判決を下し、ある者は誠実さを推進して恩恵・愛情を示し、ある者は我が身を治めて清潔さを保ち、ある者は犯罪摘発にあたって隠し事を暴き、みな良質の二千石取りであった。[一]

[一] 呉瓘・任燠のことは(ほかでは)見られない。『魏略』に言う。顔斐は字を文林という。才能・学識があった。丞相が召し出して太子洗馬とし、黄初年間(二二〇~二二七)の初めに転任して黄門侍郎となり、のちに京兆太守となった。はじめ京兆では、馬超が敗北してからというもの人民の多くが農業殖産に専念せず、また三・四人の二千石取り(太守)が歴任したのに、目先の解決策を採用して、民衆のために長期的計画を立てる者がいなかった。顔斐が着任すると、属下の県に命令してあぜ道を整備させ、桑や果物の木を植えさせた。このとき民衆の多くは車や牛を持っていなかった。顔斐はまた民衆に暇な月(農閑期)に車の材料を取ってくるよう義務付け、互いに車の匠作(作り方)を教え合うようにさせた。さらに民衆のうち牛を持たない者に対して義務付け、や狗を飼育して、(それらを)売って牛を買わせた。初めのうち民衆は煩わしく思っていたが、一・二年間もすると家々が丁車・大牛を持つようになった。また文学を振興させ、官吏・人民のうち読書を願う者には、その僅かな夫役を維持するよう規定し(て、重い負担をかけないようにし)た。また役所の下に菜園を作り、官吏たちに命じて仕事の合間に耕させた。また民衆に義務付けて、租税を輸送するとき車や牛についでとしておのおの二束の薪を載せさせ、冬の寒さのなかで筆硯を炙らせるのに用立てた。こうして風俗の教化は大いに行われ、官吏は民衆を煩わせず、民衆も官吏に要求しなくなった。京兆は馮翊・扶風と境界を接していたが、二郡では道路がすでに荒れ果てて塞がっており、田地も雑草が生い茂っていて人民はえ凍えていた。しかし京兆では全てが(道路)整頓・(田地)開明され、豊富さは常に雍州十郡でも筆頭であった。顔斐はまた自己を清らかにし、(利殖を図らず)俸禄を仰ぐに過ぎなかった。そうしたことで官吏・人民は彼が転任してしまうことを恐れた。青龍年間(二三三~二三七)になると、司馬宣王司馬懿)は長安に駐在して軍営の市場を設立したが、軍中の役人や兵士は県民を侮って侵害することが多かった。顔斐はそこで宣王に上申した。宣王はそこで怒りを発して軍の市候(市場の見回り役)を召し寄せ、すぐさま顔斐の目前で百回の杖(撃ちの処罰)とした。このとき長安の典農は顔斐と一緒に坐っていたが、顔斐に謝らせようと思い、そこで密かに顔斐をつっついた。顔斐は謝ることを承知せず、しばらく経ってから言った。「顔斐が心のうちで明公を分割された責任を観察したところ、大勢の庶民を一つにしたいと願っておられ、(そのご意志は)きっと左右されるものではありますまい。それなのに典農は密かにつっついて顔斐に謝らせようとしました。もしも顔斐が謝ったとしたら、それは明公のご意志を得られないものといよいよ存じます。」宣王はそのまま役人・兵士に対して厳しさを維持することになった。それからというもの、軍営・郡県は各自の領分を守ることができた。数年後、転任して平原太守となったが、官吏・人民が涙を流して道を遮ったので車は進むことができず、一歩一歩引き留められ、十日余りしてやっと郡境を出た。東に行って崤山まで来ると病気に苦しんだ。顔斐は本心では京兆を恋しく思っており、彼の家族・従者が顔斐の病気がひどくなったのを見て、「平原さま、ご自身を励まして元気になってください」と勧めて言うと、顔斐は言った。「の心は平原を願っておらぬのだ。の仲間たちが我を呼ぶのに、どうして京兆と言わないのだ?」ついに卒去し、(顔斐の遺体は家族とともに)平原に帰還した。京兆ではそれを聞いてみな涙を流し、彼のために碑を立て、今でも彼を褒め称えている。令狐邵は字を孔叔という。父は漢朝に仕えて烏丸校尉となった。建安年間(一九六~二二〇)の初め、氏が冀州に来ると、令狐邵は本郡を去ってに住居を構えた。九年、少しのあいだ外出して武安毛城の城中に赴いた。ちょうど太祖が鄴を破り、そのまま毛城を包囲した。城が破れると、令狐邵ら十人余りの仲間が捕らえられ、みな斬首に相当した。太祖は彼を謁見し、その衣冠に不審を抱いて祖先について質問すると、彼の父と面識があった。そこで解放して軍謀掾に任命した。郡守・国相を歴任してから、のちに丞相主簿に移り、出向して弘農太守になった。いたるところで氷雪のごとく清潔で、妻子が官庁に至ることは稀であった。善事を挙げて(民衆に)教えてやり、寛容さによって人を待遇し、訴訟ごとを好まず、下の者を遠ざけることはなかった。その当時、郡には経典を知る者がなかった。そこで役人たちに次々と質問し、遠くまで行って師匠に就きたいという者があれば、すぐさま暇をやって派遣し、河東に行って楽詳に就いて経典を学ばせ、おおまかに理解できたら帰らせ、それによって文学を設置した。こうして弘農の学業は一転して勃興した。黄初年間(二二〇~二二七)の初めになると、徴し出されて羽林郎の官を拝受し、虎賁中郎将に昇進し、三年して病気で亡くなった。はじめ令狐邵の族子令狐愚白衣(平民)だったとき、(彼が)いつも高い志を持っていたことから、人々は令狐愚がきっと令狐氏を繁栄させるだろうと言っていた。しかし令狐邵が一人だけ言うには、「令狐愚の性質は倜儻で、徳を修めようともせずに大きなことを願っている。必ずや我が一族を滅ぼすだろう。」令狐愚は令狐邵の言葉を聞いて、その心を平穏にさせられなかった。令狐邵が虎賁(中)郎将になったとき、令狐愚は出仕・昇進して、すでに歴任・異動すること多く、いたるところで名声があった。令狐愚は令狐邵に会い、ゆったりとした様子で訊ね(?)、やんわりと彼を責めて言った。「以前、大人が令狐愚のことを(一族を)絶やすものだとおっしゃったと聞きました。令狐愚の今後については何とおっしゃいますか?」令狐邵は熟視したものの返答しなかった。しかしながら密かに妻子に言うには、「公治(令狐愚)の性格・態度はなお昔のままだ。の観察するところでは最終的に破滅するだろう。ただ我が長生きしてあいつに連坐するかどうかは分からぬ。汝たちに(禍が)及ぶだろう!」令狐邵の没後、十年間余りして、令狐愚は兗州刺史となり、果たして王淩と一緒になって(天子の)廃立を計画し、家族は誅滅された。令狐邵の子令狐華は当時、弘農郡丞となっていたが、親族関係が遠かったため連坐せずに済んだ。『孔氏譜』を調べると、孔乂は字を元儁といい、孔子の後裔である。曾祖父の孔疇は字を元矩といい、陳国の相である。桓帝苦県頼郷老子廟を立て、孔子の姿を壁に描いていたが、孔疇は陳国の相となると孔子の碑を像の前に立てた。今も現存している。孔乂の父祖はみな二千石取り(太守)で、孔乂が散騎常侍となって上疏して諫め正したことは、『三少帝紀』に記載がある。大鴻臚まで昇った。子の孔恂は字を士信といい、平東将軍衛尉である。

倉慈傳

倉慈字孝仁,淮南人也.始為郡吏.建安中,太祖開募屯田於淮南,以慈為綏集都尉.黃初末,為長安令,清約有方,吏民畏而愛之.太和中,遷燉煌太守.郡在西陲,以喪亂隔絕,曠無太守二十歲,大姓雄張,遂以為俗.前太守尹奉等,循故而已,無所匡革.慈到,抑挫權右,撫恤貧羸,甚得其理.舊大族田地有餘,而小民無立錐之土;慈皆隨口割賦,稍稍使畢其本直.先是屬城獄訟眾猥,縣不能決,多集治下;慈躬往省閲,料簡輕重,自非殊死,但鞭杖遣之,一歲決刑曾不滿十人.又常日西域雜胡欲來貢獻,而諸豪族多逆斷絕;旣與貿遷,欺詐侮易,多不得分明.胡常怨望,慈皆勞之.欲詣洛者,為封過所,欲從郡還者,官為平取,輒以府見物與共交市,使吏民護送道路,由是民夷翕然稱其德惠.數年卒官,吏民悲感如喪親戚,圖畫其形,思其遺像.及西域諸胡聞慈死,悉共會聚於戊己校尉及長吏治下發哀,或有以刀畫面,以明血誠,又為立祠,遙共祠之.[一]

[一] 魏略曰:天水王遷,承代慈,雖循其迹,不能及也.金城趙基承遷後,復不如遷.至嘉平中,安定皇甫隆代基為太守.初,燉煌不甚曉田,常灌漑滀水,使極濡洽,然後乃耕.又不曉作耬犂,用水,及種,人牛功力旣費,而收穀更少.隆到,教作耬犂,又教衍漑,歲終率計,其所省庸力過半,得穀加五.又燉煌俗,婦人作裙,攣縮如羊腸,用布一疋;隆又禁改之,所省復不眥.故燉煌人以為隆剛斷嚴毅不及於慈,至於勤恪愛惠,為下興利,可以亞之.

自太祖迄于咸熙,魏郡太守陳國吳瓘﹑清河太守樂安任燠﹑京兆太守濟北顏斐﹑弘農太守太原令狐邵﹑濟南相魯國孔乂,或哀矜折獄,或推誠惠愛,或治身清白,或擿姦發伏,咸為良二千石.[一]

[一] 瓘﹑燠事行無所見.魏略曰:顏斐字文林.有才學.丞相召為太子洗馬,黃初初轉為黃門侍郞,後為京兆太守.始,京兆從馬超破後,民人多不專於農殖,又歷數四二千石,取解目前,亦不為民作久遠計.斐到官,乃令屬縣整阡陌,樹桑果.是時民多無車牛.斐又課民以閒月取車材,使轉相教匠作車.又課民無牛者,令畜豬狗,賣以買牛.始者民以為煩,一二年閒,家家有丁車﹑大牛.又起文學,聽吏民欲讀書者,復其小徭.又於府下起菜園,使吏役閒鉏治.又課民當輸租時,車牛各因便致薪兩束,為冬寒冰炙筆硯.於是風化大行,吏不煩民,民不求吏.京兆與馮翊﹑扶風接界,二郡道路旣穢塞,田疇又荒萊,人民饑凍,而京兆皆整頓開明,豐富常為雍州十郡最.斐又清己,仰奉而已,於是吏民恐其遷轉也.至靑龍中,司馬宣王在長安立軍市,而軍中吏士多侮侵縣民,斐以白宣王.宣王乃發怒召軍市候,便於斐前杖一百.時長安典農與斐共坐,以為斐宜謝,乃私推築斐.斐不肯謝,良久乃曰:「斐意觀明公受分陝之任,乃欲一齊眾庶,必非有所左右也.而典農竊見推築,欲令斐謝;假令斐謝,是更為不得明公意也.」宣王遂嚴持吏士.自是之後,軍營﹑郡縣各得其分.後數歲,遷為平原太守,吏民啼泣遮道,車不得前,步步稽留,十餘日乃出界,東行至崤而疾困.斐素心恋京兆,其家人從者見斐病甚,勸之,言:「平原當自勉勵作健.」斐曰:「我心不願平原,汝曹等呼我,何不言京兆邪?」遂卒,還平原.京兆聞之,皆為流涕,為立碑,於今稱頌之.令狐邵字孔叔.父仕漢,為烏丸校尉.建安初,袁氏在冀州,邵去本郡家居鄴.九年,暫出到武安毛城中.會太祖破鄴,遂圍毛城.城破,執邵等輩十餘人,皆當斬.太祖閲見之,疑其衣冠也,問其祖考,而識其父,乃解放,署軍謀掾.仍歷宰守,後徙丞相主簿,出為弘農太守.所在清如冰雪,妻子希至官省;擧善而教,恕以待人,不好獄訟,與下無忌.是時,郡無知經者,乃歷問諸吏,有欲遠行就師,輒假遣,令詣河東就樂詳學經,粗明乃還,因設文學.由是弘農學業轉興.至黃初初,徵拜羽林郞,遷虎賁中郞將,三歲,病亡.始,邵族子愚,為白衣時,常有高志,眾人謂愚必榮令狐氏,而邵獨以為「愚性倜儻,不修德而願大,必滅我宗.」愚聞邵言,其心不平.及邵為虎賁郞將,而愚仕進已多所更歷,所在有名稱.愚見邵,因從容言次,微激之曰:「先時聞大人謂愚為不繼,愚今竟云何邪?」邵熟視而不答也.然私謂其妻子曰:「公治性度猶如故也.以吾觀之,終當敗滅.但不知我久當坐之不邪?將逮汝曹耳!」邵沒之後,十餘年閒,愚為兗州刺史,果與王淩謀廢立,家屬誅滅.邵子華,時為弘農郡丞,以屬疏得不坐.案孔氏譜:孔乂字元儁,孔子之後.曾祖疇,字元矩,陳相.漢桓帝立老子廟於苦縣之賴鄕,畫孔子象於壁;疇為陳相,立孔子碑於像前,今見存.乂父祖皆二千石,乂為散騎常侍,上疏規諫.語在三少帝紀.至大鴻臚.子恂字士信,晉平東將軍﹑衞尉也.