利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

張遼伝

張遼文遠といい、雁門馬邑の人である。もともと聶壱の子孫であるが、怨恨を避けて姓を変えたのである。若いころ郡吏になった。漢末、幷州刺史丁原は張遼の武力が人並み外れていたことから、召し寄せて従事とし、兵士を率いさせて京都に参詣させた。(大将軍の)何進河北へと派遣して軍勢を募集させると、千人余りを手に入れた。帰還すると何進は敗北していたので、兵士を連れて董卓に属した。董卓が敗北すると、兵士を連れて呂布に属し、騎都尉に昇進した。呂布が李傕に敗れたとき、呂布に付き従って東は徐州へと逃走し、魯国となった。ときに二十八歳である。太祖曹操)が下邳で呂布を破ると、張遼はその軍勢を率いて投降し、中郎将に任じられ、関内侯の爵位を賜った。しばしば戦功を立てたので裨将軍に昇進する。(太祖は)袁紹を破ったとき、別働隊として張遼を派遣して魯国の諸県を平定させた。夏侯淵とともに東海において昌豨を包囲したが、数ヶ月して食糧が底を尽き、軍勢をまとめて帰還しようと提案された。張遼は夏侯淵に告げて言った。「数日以来、包囲陣の諸隊を巡回していると、昌豨はそのつど張遼を見つめております。それに彼が射る矢も次第に少なくなっておりますし、これはきっと昌豨の計算がぐらぐらしており、そのため力一杯戦わないのでしょう。張遼は呼び出して語り合いたいと思いますが、は誘うこともできましょうか?」そこで使いをやって昌豨に告げさせた。「公よりご命令がございました。これを張遼に伝えさせます。」昌豨は果たして下城し、張遼と語り合った。張遼は彼のために説得してやった。「太祖(?)は神武をお持ちで、今や恩徳によって四方を手懐けておられます。先に味方した者ほど大きな賞賜を受けられましょうぞ。」昌豨はそこで投降することを承知した。張遼はそのまま身一つで三公山に登り、昌豨の家に入って(彼の)妻子に拝礼した。昌豨は歓喜し、(張遼に)付き従って太祖に参詣した。太祖は昌豨を帰国させ、張遼を譴責して言った。「これは大将のやり方ではないぞ。」張遼は謝罪して言った。「明公の威信は四海に顕著でございますし、張遼は聖旨を奉じておりましたから、昌豨はきっと害をなすまいと考えたのであります。」(太祖に)従軍して黎陽袁譚・袁尚を討伐し、功績を立てて行中堅将軍(中堅将軍代行)となった。従軍してで袁尚を攻撃したが、袁尚が堅守していたので陥落しなかった。太祖はに帰還すると、張遼をやって楽進とともに陰安を陥落させ、その住民を河南に移した。またも鄴の攻撃に従軍して、鄴が破られると、張遼は別働隊として趙国・常山に赴き、山沿いの諸賊および黒山孫軽らを誘降した。袁譚攻撃に従軍し、袁譚が破られると、別働隊として海浜へ赴き、遼東の賊柳毅らを打ち破った。鄴に帰還したとき、太祖は自ら張遼を出迎え、呼び入れて一緒に(車へ)載り、張遼を盪寇将軍とした。また別働隊として荊州を攻撃し、江夏の諸県を平定し、引き揚げて臨潁して、都亭侯に封ぜられた。柳城における袁尚征討に従軍したが、突如、賊軍に遭遇した。張遼は戦うことを太祖に勧め、意気ははなはだ奮い立っていた。太祖は彼を勇壮だと思い、自分が所持していたを張遼に授けた。そして攻撃すると、彼らを大いに打ち破り、単于蹋頓を斬った。[一]

[一] 『傅子』に言う。太祖が柳城を征討しようとしたとき、張遼は諫めて言った。「許は天下の中心であります。いま天子は許にましますのに、公は遠く北征しようとなさる。もし劉表劉備を派遣して許を襲撃し、この地を占拠して四方に号令したならば、公の勢力は去ってしまいましょうぞ。」太祖は劉表がきっと劉備を任用できまいと計算し、そのまま行軍した。

ときに荊州は未だ平定されておらず、また張遼を派遣して長社に屯させることにした。出発に臨み、軍中に謀反する者がいて、夜中に騒動を起こしつつ放火し、一軍まるごと擾乱に陥った。張遼は左右の者に言った。「うろたえるな。これは全隊こぞって反逆したのではない。きっと造反した者が騒動を起こして他人を混乱させようとしているだけだ。」そこで軍中に命令を下し、反逆に参加しない者を静かに座らせた。張遼は親衛隊数十人を率い、本陣に直立した。しばらくすると静かになり、首謀者を捕らえて斬刑に処した。陳蘭・梅成の六つの県をこぞって叛逆したので、太祖は于禁・臧霸らに梅成を討たせ、張遼には張郃・朱蓋らを監督させて陳蘭を討たせた。梅成は偽って于禁に投降し、于禁が帰還すると、梅成はそのまま軍勢を率いて陳蘭のもとに身を寄せ、改めて灊山に入った。県には天柱山というのがあり、高く鋭く二十里余りもあり、道は狭く険しく、歩道は僅かに通じている程度で、陳蘭らはその頂上に城壁を築いている 。張遼が進もうとすると諸将は言った。「軍勢は少なく道は険しいので、深く進入するのは困難でしょう。」張遼は言った。「これは一与一と言われているものだ。勇者たるもの前進あるのみ。」そのまま山の麓まで進んで布陣し、彼らを攻撃して陳蘭・梅成の首を斬り、その軍勢をことごとく捕虜にした。太祖は諸将の功績を論功して言った。「天山に登って峻険を踏み越え、陳蘭・梅成を捕まえたのは盪寇の功績である。」所領を加増してした。

太祖は孫権征討から帰還したとき、張遼を楽進・李典らとともに七千人余りを率いさせて合肥に屯させた。太祖は張魯を征伐するとき、護軍薛悌に命令書を与え、箱の隅に「賊至らば開け」と記しておいた。にわかに孫権が十万人の軍勢を率いて合肥を包囲したので、そこで一緒に命令書を開いてみると、「もし孫権が来たならば張・李将軍は出撃せよ。楽将軍は護軍を守り、戦ってはならぬ」とあった。諸将はみな疑問に思った。張遼は言った。「公は遠征して外におられ、救援に来ていただくころには、奴らが我らを破るのは必定だ。それゆえ命令書によって指示を下され、彼らがまだ結集せぬうちに迎え撃ってその盛んな威勢を挫いてやり、(我が)軍勢の心を落ち着け、そののち守るべきとおっしゃられるのだ。勝敗の枢機はこの一戦にある。諸君らは何を疑っているのか?」李典もまた張遼に賛同した。こうして張遼は夜中、敢えて従おうという兵士を募って八百人を手に入れると、牛をつぶして将兵に振る舞い、明日を大戦とした。明け方、張遼は甲冑を身に着けて戟を持ち、先登になって敵陣を陥れ、数十人を殺し、二人の将を斬り、大声で我が名を叫びながら城塁に突入して孫権の麾下にまで到達した。孫権は大いに驚き、軍勢もなすすべを知らず、逃走し、高い丘に登って長戟で自衛した。張遼は「孫権よ、下りてきて戦え」と怒鳴ったが、孫権は動こうとはせず、張遼の率いる軍勢が少ないと眺め見てとるや、結集して幾重にも張遼を囲んだ。張遼は左右に包囲陣を指差しつつも、まっすぐ前進して急撃すると包囲は解け、張遼は麾下数十人を率いて脱出することができた。残された連中が呼び叫んだ。「将軍は我らを見棄てられるのですか!」張遼は再び引き返して包囲陣に突入し、残された連中を引っ張り出した。孫権の人馬はみなき(武帝紀参照)、敢えてぶつかっていく者はなかった。明け方から戦い続けて日中になったが、の人々が戦意を喪失したので、引き揚げて守備を固めたが、軍勢の心は落ち着いていたので諸将はみな感服した。孫権は合肥を十日余りも見守ったが、城を陥落させることができず、ようやく引き退いた。張遼は諸軍を率いて追撃し、もう少しで孫権を捕らえられそうだった。太祖は張遼を大いに勇壮に思い、征東将軍に任命した。[一]建安二十一年(二一六)、太祖は再び孫権を征討し、(翌年?)合肥に着陣したが、張遼が戦った場所を巡察し、長いあいだ歎息した。そこで張遼の手勢を増やしてやり、諸軍を多数留め置いて、屯所を居巣に移した。

[一] 孫盛は言う。兵というのは元来が詭道であり、奇と正が助け合っているものだ。将軍に命令を下して出征させる場合には、を押しながら権限を委ね、あるときは率然の形に任せ、あるときは掎角の勢に頼るものだが、もろもろの将帥たちが不和であれば、それは軍を棄てる道となる。合肥の守備に至っては、県は弱く無援であり、勇敢な者に専任すれば戦闘を好んで患いを生じ、怯懦な者に専任すれば怖じ気づいて保つことは難しかろう。彼は多勢、我は寡勢だったのだから、(彼は)必ず怠惰を貪る気持ちを抱くだろう。命懸けの兵でもって怠惰を貪る兵を撃てば、その形勢からいって必ず勝つのである。勝ったのち守る。守りは必ずや堅固である。それゆえ魏武(曹操)は(人柄の)四角いのや円いのから選び出し、同じもの違ったものを並べ、これらに秘密の命令を与え、彼らの力を削いだり伸ばしたりした。事変の起こるや(計画と結果が)照応し、割り符を繋ぐように合致していた。絶妙である!

関羽曹仁を包囲したとき、ちょうど孫権が藩を称したので、張遼および諸軍を召し返し、全軍を引き揚げて曹仁を救援させた。張遼がまだ到着しないうちに、徐晃が先に関羽を破って曹仁の包囲を解いた。張遼は摩陂で太祖と落ち合った。張遼の軍勢が到着すると、太祖はに乗って出迎え、彼を慰労し、帰還して陳郡に屯させた。文帝曹丕)が王位に即くと、前将軍に異動となった。[一]封地を分割して兄張汎および一子を列侯とした。孫権が再び叛いたので、張遼を派遣して合肥駐屯に還らせ、張遼の爵位を都亭侯に進めた。張遼の母に輿車を支給し、さらに兵馬で張遼の家(家族)が屯所に赴くのを護送させ、張遼の母が到着したならば先導や従者は出迎えよと勅命を下した。監督下の諸軍の将吏はみな道路脇に居並んで拝礼し、見物人はこれを光栄なことだと思った。文帝が践祚すると晋陽侯に封ぜられ、食邑千戸を加増されて、以前と合わせて二千六百戸となった。黄初二年(二二一)、張遼は洛陽宮に朝覲したが、文帝は張遼を招いて建始殿で謁見し、呉を破ったときの状況について親しく下問した。帝は歎息して左右の者を振り返りつつ言った。「この人は古代の邵虎である。」彼のために邸宅を建て、さらに特別に張遼の母の宮殿を造ってやり、張遼が呉を破ったときに従えていた応募の歩兵をみな虎賁とした。孫権がまた藩を称したので、張遼は引き揚げて雍丘に屯したが、病気にかかってしまった。帝は侍中劉曄を派遣し、太医を連れて行って診療させた。虎賁たちが消息を尋ねようと道路に集まった。病気がまだ癒えないので、帝は張遼を行在所に迎え入れ、車駕で親しく見舞って彼の手を取り、御衣を賜り、太官が毎日御膳を送ることとした。病気が少し癒えたところで屯所に還った。孫権がまたもや叛逆したので、帝は張遼を舟に乗せて派遣し、曹休とともに海陵まで行かせて長江に臨ませた。孫権は非常に恐れ憚り、諸将たちに命令した。「張遼は病気とはいえ当たることはできまいぞ。気を付けよ!」この歳、張遼は諸将とともに孫権の将呂範を打ち破った。張遼の病気はついにひどくなり、江都において薨じた。帝は涙を流し、して剛侯と言った。子の張虎が嗣いだ。六年、帝は張遼・李典が合肥にいたときの功績を思い起こし、詔勅を下して言った。「合肥の役において、張遼・李典は歩兵八百をもって賊軍十万を破った。古代以来の用兵でも、これ程のものはなかった。賊どもには今にいたるまで戦意喪失させておるが、国家にとって爪牙と言うべきであろう。そこで張遼・李典の食邑からおのおの百戸を分割し、一子に関内侯の爵位を下賜する。」張虎は偏将軍となり、薨ずると子の張統が嗣いだ。

[一] 『魏書』に言う。王は張遼に千匹・穀物一万斛を賜った。