利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

徐晃伝

徐晃公明といい、河東の人である。郡吏となり、車騎将軍楊奉の賊徒討伐に従軍して功績を立て、騎都尉を拝命した。李傕・郭氾長安を混乱させたとき、徐晃が、天子を奉じて洛陽に帰還するよう楊奉を説得すると、楊奉はその計略を聞き入れた。天子は黄河を渡って安邑に行幸し、徐晃を都亭侯に封じた。洛陽に到達したところ、韓暹・董承が日ごとに闘争するので、徐晃は太祖曹操)に帰服するよう楊奉を説得した。楊奉はそれに従おうとしたが、後になって悔やんだ。太祖がにおいて楊奉を討つと、徐晃はついに太祖に帰参した。

太祖は徐晃に軍勢を授け、原武の賊を攻撃させ、彼らを打ち破ったので、裨将軍に任命した。呂布征討に従軍し、別働隊として呂布の将趙庶・李鄒らを降服させた。史渙とともに河内眭固を斬った。(太祖に)従軍して劉備を撃破し、さらに従軍して顔良を撃破し、白馬を陥落させ、進軍して延津に行き、文醜を撃破して偏将軍を拝命した。曹洪とともにインの賊祝臂を攻撃し、これを打ち破り、また史渙とともに故市において袁紹の輸送車両を攻撃し、功績は最も多く、都亭侯に封ぜられた。太祖はを包囲して邯鄲を打ち破ったが、易陽県令韓範が城をこぞって降服すると偽りつつ防ぎ守ったので、太祖は徐晃を派遣してこれを攻めさせた。徐晃は着陣すると、矢を城内に飛ばし、成功失敗について説明してやった。韓範が悔悛したので、徐晃はすぐさま彼を降服させた。そのあと太祖に進言した。「二袁袁譚・袁尚)は未だ破られておらず、諸城のうち陥落しないものは耳を傾けて(戦場からの報告を)聞いており、今日、易陽が滅ぼされたならば、明日にはみな死に物狂いで守りを固め、河北は平定するひまもなくなる恐れがございます。どうか公は易陽を降服させて(恩愛を)諸城へお示しくだされ。さすれば威風を待望せぬ者はありますまい。」太祖はそれを善しとした。別働隊として毛城を討ち、伏兵を設けて急撃し、三つの屯営を打ち破った。従軍して南皮で袁譚を打ち破り、平原の叛逆した賊を討伐し、これらに打ち勝った。蹋頓征討に従軍し、横野将軍を拝命した。荊州征圧に従軍し、別働隊としてし、中廬・臨沮・宜城の賊を討った。また満寵とともに漢津関羽を追討し、曹仁とともに江陵周瑜を攻撃した。十五年、太原の反逆者を討ち、太陵を包囲のすえに陥落させ、賊の統帥商曜を斬った。韓遂・馬超らが関右関西)で反逆すると、(太祖は)徐晃を派遣して汾陰に屯させて河東を慰撫し、牛酒を下賜して先人の墓に献じさせた。太祖は潼関に着陣したが、(黄河を)渡ることができないのではと心配し、徐晃を召し寄せて訊ねた。徐晃は言った。「公がこの地で軍勢を催しておられますのに、賊どもはまるで別働隊を立てて蒲阪を守備しようとしておらず、その無謀さが分かります。いま臣に精兵をお貸しいただければ、[一]蒲阪津を渡り、軍の御為に先取りし、彼らの背後を遮断いたしましょう。賊どもは生け捕りになるばかりです。」太祖は言った。「素晴らしい。」徐晃をやって歩騎四千人でを渡らせた。塹壕や防壁の工事が完成しないうち、賊の梁興が夜中、歩騎五千人余りを率いて徐晃を攻撃したが、徐晃はこれを撃破して逃走させた。太祖の軍勢は渡河することができ、こうして馬超らを打ち破ったのである。(太祖は)徐晃をやって夏侯淵とともに隃麋・汧のもろもろの族を平定させ、太祖と安定で合流させることにした。太祖が鄴に帰還し、徐晃をやって夏侯淵とともに鄜・夏陽の賊の残党を平定させると、(徐晃らは)梁興を斬り、三千戸余りを降服させた。張魯征討に従軍した。別働隊として徐晃を派遣し、櫝・仇夷の諸山の氐族を討ち攻め、彼らをみな降服させた。平寇将軍に昇進した。将軍張順への包囲を解き、賊の陳福らの三十余りの屯所を攻撃し、これらを全て打ち破った。

[一] 臣裴松之は言う。勘案するに、徐晃は当時まだ臣と称していなかったはずだ。伝写した者の誤りである。

太祖は鄴に帰還すると、徐晃を夏侯淵とともに留めて陽平で劉備を防がせた。劉備は陳式ら十余りの軍営を派遣して馬鳴閣道を遮断させ、徐晃は別働隊として征討し、これを打ち破ったが、賊兵のうちには、自ら山谷に身を投げて死ぬ者も多かった。太祖は聞いて非常に喜び、徐晃にし、布令を下した。「この閣道桟道)は漢中の要害の咽喉である。劉備は内外を断絶して漢中を奪おうとしたが、将軍は一挙にして賊の計略を骨抜きにした。善のなかの善たるものである。」太祖はかくて自ら陽平に着陣し、漢中諸軍を率いて外に出した。再び徐晃を派遣して曹仁の関羽征討に助力させ、に屯した。ちょうどそのとき漢水がにわかに溢れかえり、于禁らは水没した。関羽は曹仁を樊で包囲し、さらに将軍呂常襄陽で包囲した。徐晃が率いているのは新兵が多く、関羽と矛先を争うには困難であったため、そのまま進軍して陽陵陂まで行って屯した。太祖は再び還ると、将軍徐商・呂建らを徐晃のもとに派遣し、命令を下して言った。「兵馬が集結するのを待って、それから一斉に進軍せよ。」賊が偃城に屯していた。徐晃は着陣すると、偽って塹壕を作るのだと言い立て、彼らの背後を絶ちきるようなふりをすると、賊は屯営を焼いて逃走した。徐晃は偃城を手に入れると、両翼に陣営を連ねながら、少しづつ、賊の包囲から三丈のところまで前進した。まだ攻撃しないうちに、太祖は前後して殷署・朱蓋ら都合十二の軍営を徐晃のもとに派遣した。賊はを包囲して屯営を築いており、また別働隊が四冢に屯していた。徐晃は頭の包囲陣を攻めるぞと喧伝しつつ、密かに四冢を攻撃した。関羽は四冢が崩壊しそうなのを見て、自ら歩騎五千人を率いて出撃したが、徐晃がこれを攻撃すると逃走した。(徐晃は)そのまま追撃してともども包囲陣になだれ込み、これを打ち破った。(賊軍の)ある者などは自ら沔水(漢水)に身を投げて死ぬ程だった。太祖は布令を下して言った。「賊の包囲陣は塹壕鹿角が十重にもなっていたが、将軍は戦闘を挑んで全勝し、ついに賊の包囲陣を陥落させ、斬首捕虜を数多く挙げた。は兵を用いること三十年余りになり、古代の巧みに兵を用いる者について聞き及んでいるが、いまだかつて長駆してまっすぐ敵の包囲陣に切り込んだ者はいなかった。しかも樊・襄陽は包囲の内にあって、莒・即墨よりもひどかったのだ。将軍の功績は孫武・(司馬)穣苴を上回るものである。」徐晃は凱旋して摩陂に帰還したが、太祖は七里まで徐晃を出迎え、酒を用意して大々的に宴会を催した。太祖は盃を手にして徐晃に酌をしてやり、彼を慰労しながら言った。「樊・襄陽を全うできたのは将軍の功績である。」このとき諸軍が全て集結していたので、太祖はもろもろの陣営を訪れて慰撫したが、士卒たちはみな陣列を離れて見物しにいった。しかし徐晃の軍営だけは整然として、将兵は陣列に留まったまま身動きしなかった。太祖は感歎して言った。「徐将軍には周亜夫の風格があると言うべきか。」

文帝曹丕)は王位に即くと、徐晃を右将軍とし、封爵を逯郷侯に進めた。践祚するに及び、邦爵を楊侯に進めた。夏侯尚とともに上庸で劉備を討ち、これを破った。徐晃に陽平を鎮守させ、封爵を陽平侯に移した。明帝曹叡)が即位すると、諸葛瑾を襄陽で防いだ。食邑二百戸を加増し、以前と合わせて三千一百戸とした。病気が篤くなり、季節の衣服を着せてくれと遺言した。

性質は倹約慎重で、軍勢を率いるときはいつも遠くまで斥候を出し、あらかじめ勝てなかったときのことを考えてから(?)、そのあと戦い、敗残兵を追撃して戦利品を奪うときには、士卒は食事の暇もなかった。いつも歎息して「古代の人々は明君に遭遇できないことを心配していたものだが、いまは幸いにも遭遇できたのだ。いつも功績を立てて自分を目立たせているが、どうして私的な栄誉を貪ったりするものか!」と言い、死ぬまで交友を広めたりしなかった。太和元年(二二七)に薨去し、して壮侯と言った。子の徐蓋が嗣ぎ、徐蓋が薨去すると子の徐霸が嗣いだ。明帝は徐晃の戸数を分割し、徐晃の子孫二人を列侯に封じた。

朱霊伝

はじめ清河朱霊は袁紹の将であった。太祖が陶謙を征伐したとき、袁紹は朱霊に三つの軍営を監督させて太祖に助力させ、(朱霊は)戦闘で功績を立てた。袁紹が派遣した諸将はそれぞれ帰国したが、朱霊は「朱霊は多くの人々を見てきたが、曹公に勝る者はなかった。これこそ真の名君だ。いまもう遭遇したのに帰ってどうする?」と言い、最後まで留まって立ち去らなかった。引き連れていた士卒たちも彼を慕い、みな朱霊に随従して留まった。朱霊はのちにとうとうき将となり、名声は徐晃等に次ぎ、後将軍まで昇り、高唐亭侯に封ぜられた。[一]

[一] 『九州春秋』に言う。むかし清河の季雍をこぞって袁紹に叛き、公孫瓚に降ったので、公孫瓚は軍勢を派遣して彼を守護させた。袁紹は朱霊を派遣して彼らを攻めさせた。朱霊の家(家族)は城内におり、公孫瓚の将は朱霊の母や弟を城壁の上に出し、朱霊に投降を呼びかけた。朱霊は遠くから城を眺め、涙を流しながら言った。「丈夫たる者、一たび世に出て人に仕えたからには、どうして再び家を顧みようか!」そのまま奮戦し、これを陥落させて季雍を生け捕りにしたが、朱霊の家はみんな死んでしまった。『魏書』に言う。朱霊は字を文博という。太祖は冀州を平定すると、朱霊に新附の兵士五千人と騎馬千匹を率いての南を守らせた。太祖は彼を戒めて言った。「冀州の新附の兵士はしばしば自由奔放を許されてきたので、ここしばらくは整然としているものの、気持ちはまだ怏々としている。の名声にはとにかく威厳があるが、よくよく道義によって彼らを寛容に扱ってくれよ。さもなくばたちまち変事を起こすであろう。」朱霊は陽翟に着任すると、中郎将程昂らが果たして反乱したので、即座に程昂を斬り、状況を報告した。太祖は自分で手紙を書いて言った。「軍中で危険が起こる理由は、外では敵国と対し、内では陰謀があり、予測不可能な変化があるからである。むかし鄧禹光武帝の軍勢を二分して西方に行き、宗歆・馮愔の危難に遭い、そのあと二十四騎を率いて洛陽に帰還したが、鄧禹がどうしてそれによって(名誉を)損傷しただろうか?真心のこもった手紙が届き、過失の多くを(我が身に)引き付けているが、きっとおっしゃる通りではないだろう。」文帝は即位すると、朱霊を鄃侯に封じ、その食邑を加増してやった。詔書に言う。「将軍は天命の人たる先帝を補佐し、軍勢を司ることは長年にわたり、威厳は方(叔)・邵(虎)を上回り、功績は絳(侯)・灌(嬰)を越える。書物が褒めている者でも、どうしてこれ以上であろうか?朕は天命を蒙り、帝として海内を領有しているが、元勲の将や社稷の臣は、みな朕が幸福をともにし、これを無窮に伝える者である。いま鄃侯に封ずる。富貴となって故郷に帰らないのは、夜中に刺繡の着物で歩くようなものだ。もし平素より志願するところがあれば、遠慮なく申し述べよ。」朱霊は感謝して言った。「高唐がかねてより願っていたところです。」そこで高唐侯に転封した。薨去すると諡して威侯と言った。子の朱術が嗣いだ。