利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

許褚伝

許褚仲康といい、譙国の人である。身の丈八尺余り、腰回りは十囲もあって、容貌は雄々しく毅然として、武勇は絶倫であった。漢末、若者や宗族を数千家も集め、みんなで砦を固めて敵を防いだ。当時の汝南葛陂の賊一万人余りが、許褚の砦壁を攻めたとき、許褚の軍勢は少なかったため敵わず、奮戦のすえ疲労は極みに達した。武器も矢玉も尽き果てたので、砦の中の男女に命じ、ほどの石を集めて四隅に置かせた。許褚は石を彼らに向かって投げると、当たるところはみな打ち砕かれた。賊はあえて進もうとしなくなった。食糧が乏しくなったので、賊と偽りの和睦を結び、牛を賊に与えて食糧に交換してもらった。賊が牛を引き取りに来ると、牛はすぐさま逃げ戻ってきた。許褚は陣地の前に出て、片手で牛の尾を後ろから引っ張って、百歩余りも連れてきた。賊軍は驚き、とうとう牛を引き取らずに逃げて行ってしまった。こうして淮・汝・陳・梁の地方では、噂を聞いて、みな彼を恐れ憚るようになった。

太祖曹操)が淮・汝の地方を支配すると、許褚は軍勢を挙げて太祖に帰服した。太祖は会見して、彼の雄壮さに「これは樊噲である。」と言った。その日のうちに都尉の官を授け、引き入れて宿衛とした。許褚に従っていた俠客たちを、みな虎士(親衛隊)とした。張繡征伐に従軍して、先登となり、一万ばかりも首を斬り、校尉に昇任した。官渡袁紹討伐にも従軍した。当時の常従士徐他らは謀叛しようと企てていたが、許褚がいつも(太祖の)左右にっていたので、彼を憚って事を起こすことができなかった。許褚が仕事を休んで帰る日を窺って、徐他らは刀を懐にして入っていった。許褚は宿舎まで来たところで心が動き、すぐに引き返して近侍した。徐他らがそうとは知らずに入り、許褚を見て大いに驚愕した。徐他の気色が変じたので、許褚はそれを悟り、すぐさま徐他らを打ち殺した。太祖はますます彼を信愛し、出入りにも同行させて左右から離さなかった。包囲に従軍し、力戦して武功があり、関内侯の爵位を賜った。潼関韓遂馬超討伐に従軍した。太祖は(黄河を)北に渡ろうとしたが、黄河を渡るまえに兵を先に渡し、自分は許褚と虎士百人余りとともに南岸に留まって後詰めした。馬超が歩騎一万人余りを率い、太祖の軍に殺到し、雨のように矢を降り注がせた。許褚は太祖に申し上げた。「賊が多く来ています。今は兵たちは全て渡りましたから去るべきです。」そこで太祖を支えて船に乗せたが、賊の攻撃が激しく、軍は競って渡ろうとしたので、船は重さのため沈没しそうになった。許褚は船によじのぼろうとする者を斬り、左手で馬の鞍を掲げて太祖を(矢から)庇った。船頭が流れ矢に当たって死ぬと、許褚は右手で船を遡上させ、辛うじて渡ることができた。この日、許褚がいなければ危ないところだった。そののち太祖は韓遂・馬超らとただ一騎で馬上で語り合い、左右の者はみな従うことは許されず、ただ許褚だけを連れて行った。馬超は自分の強力を頼りに、ひそかに太祖に近付いて突き刺そうとしていたが、もともと許褚の勇敢さを聞いていたので、(太祖の)従騎がこれぞ許褚ではないかと疑った。太祖に問うて言った。「公がお持ちの虎侯はいるのか?」太祖は振り返って許褚を指差したが、許褚は目を怒らして彼をにらみつけた。馬超は敢えて動かず、結局おのおの引き返した。のち数日して会戦となり、馬超らを大破し、許褚は自ら首級を挙げ、武衛中郎将に転任した。武衛の称号はこれより始まったのである。軍中では許褚の力が虎のようで、ただ痴(智慧がにぶい)であったので、「虎痴」と呼んでいた。それで馬超が虎侯はと問うたのであるが、今になって天下の称賛を浴びることになり、みな(虎痴が)彼の姓名だと思っている。

許褚の性質は慎み深く法を遵守し、誠実かつ重厚で言葉少なかった。曹仁荊州から来朝して拝謁することになったが、太祖がまだ出てこなかったので中に入ろうとしたところ、宮殿の外で許褚に出会った。曹仁は許褚を呼んで中に座ってくつろいで語ろうとしたが、許褚は「王はお出ましになります。」と言って、すぐ宮殿内に引き返してしまったので、曹仁は彼を恨めしく思った。ある人が許褚を責めて言った。「征南(曹仁)は宗室(皇族)の重臣なのに、へりくだって君をお呼びになったのだ。君はなぜ断ったのだ?」許褚は言った。「彼の人はご一族の重鎮といえども外の諸侯です。許褚は内の臣下の端くれで、大勢で話し合うので充分です。部屋に入ってどんな私的なことをするのでしょう?」太祖は聞いて、いよいよ愛して彼を厚遇し、中堅将軍に転任させた。太祖が崩ずると、許褚は号泣して血を吐いた。文帝曹丕)が践祚すると万歳亭侯に進められ、武衛将軍に転任し、中軍宿衛禁兵を都督(総轄)し、(文帝とは)非常に親密であった。はじめ許褚が率いて虎士になった者は征伐に従軍し、太祖はみな勇者であると考え、同じ日に部将に取り立て、そののち武功によって将軍となり侯に封ぜられた者は数十人に、都尉・校尉は百人余りになり、みな剣客であった。明帝曹叡)が即位すると、牟郷侯に進み、所領は七百戸、子に爵を賜って一人を関内侯とした。許褚は薨じ、壮侯された。子の許儀が嗣いだ。許褚の兄許定も軍功によって振威将軍になって封ぜられ、王道巡回の虎賁を都督した。太和年間(二二七~二三三)、帝は許褚の忠孝を思い、詔を下して褒めたたえ、また許褚の子孫二人に関内侯の爵を賜った。許儀は鍾会に殺された。泰始年間(二六五~二七五)のはじめ、子の許綜が嗣いだ。