利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

典韋伝

典韋陳留已吾の人である。容貌は巨体であり、膂力は人並み外れ、節義と任俠心を持っていた。襄邑氏は睢陽李永と仇敵となったが、典韋は彼のために報復した。李永はむかし富春県の県長だったので、警護は非常に厳重であった。典韋は鶏酒を載せて車に乗り、訪問者になりすました。門が開くと匕首を懐にして入り、李永を殺して、あわせてその妻も殺し、ゆったりと出てきて車上の刀戟を取り、歩いて出ていった。李永の屋敷は市場に近かったので、市場中はことごとく驚いた。追っ手は数百人いたが、敢えて近付く者はなかった。四・五里も行くと彼らの仲間に遭遇したが、転戦して脱出することができた。これによって豪傑たちに知られるようになった。初平年間(一九〇~一九四)、張邈が義兵を挙げると、典韋は兵士となり、司馬趙寵に属した。牙門旗は長大で掲げられる人がいなかったが、典韋が片手でこれを立てたので、趙寵は彼の才力を異とした。のちに夏侯惇に属し、しばしば首級を挙げて功を立てたので司馬に任じられた。太祖曹操)が濮陽呂布を討伐したとき、呂布は濮陽の西四・五十里のあたりに別働隊を屯させていた。太祖は夜襲をかけて、夜明けごろにはこれを破った。まだ帰り着かないうちに、ちょうど呂布が救援に来て、三方からゆさぶりをかけて攻撃してきた。そのとき呂布は自ら素手で戦い、日の出から午後に至るまで数十合に及び、たがいに激しかった。太祖は突撃隊を募ると典韋が真っ先に進み出たので、募集に応じた者数千人を率いさせ、みな着物を重ね着して鎧を二つ身に着け、楯を棄てて、ただ長矛だけを持って戦闘に参加した。そのとき西方で窮地に陥っていたので、典韋は突き進んでこれにぶつかったが、賊は弓弩を乱発し、矢は雨のように降り注いだ。典韋は視力を失ったので等人に言った。「敵が十歩まで来たら、それを言え。」等人は言った。「十歩です。」また言った。「五歩で言え。」等人は恐怖のため早口で言った。「敵が来ました!」典韋は手に十本余りの戟を持って、叫びながら立ち上がった。立ち向かう者で手応えとともに倒れぬ者はなく、呂布の兵は後ずさりした。ちょうど日暮となり、太祖は撤退することができた。典韋に都尉の官を授けて左右に引き連れ、親衛隊数百人を率いさせて常に大帳の周りを固めさせた。典韋も雄壮であったうえ、彼が率いた兵も全て士卒からの選りすぐりだったので、戦闘になるたび、常に先登となって敵陣を陥れた。昇進して校尉となった。性質は忠義かつ謹厳を極め、いつも昼は日没まで立ち侍り、夜はの左右で眠り、自分の屋敷に帰って寝ることは稀であった。酒食を好み、飲み食いすることは人一倍で、御前で食膳を賜るたび、大きく飲んで長くり、左右から酒を注ぎ、数人増やしてやっと釣り合った。太祖はこれを雄壮だと思った。典韋は大きな双戟と長刀などを愛用したので、そのため軍中は語って言った。「帳下の壮士に典君あり。一双戟八十斤をぐ。」

太祖が荊州を征討してまで来ると、張繡が出迎えて降伏した。太祖は非常に喜び、張繡や彼の将帥を招いて、酒を振る舞って大宴会を催した。太祖が盃を配っているとき、典韋は大斧を持って後ろに立ったが、刃渡りは一尺もあり、太祖が配っていく先では、そのつど典韋が斧を持ち上げて彼(張繡ら)を睨みつけた。酒宴が終わるまで、張繡や彼の将帥で敢えて顔を上げて見る者はいなかった。十日余り後、張繡は謀叛し、太祖の陣営を襲った。太祖は陣営を出て戦ったが不利となり、軽装のまま馬に乗って逃げ去った。典韋が門の中で戦ったので、賊は入ることができなかった。兵はばらばらになり他の門から入ってきた。そのとき典韋の将校はまだ十人余りいて、みな死に物狂いで戦い、一人で十人を相手にしない者はなかった。賊は前後から来て次第に数も増え、典韋は長戟を振るって左右に撃ち、戟の枝が入るごとに十本余りの矛が打ち砕かれた。左右にいて死傷した者もほとんどいなくなってしまった。典韋は数十ヶ所の傷を被ったが、短い武器を取って接戦となり、賊が進み出て彼に立ち向かうと、典韋は両脇に二人の賊を抱えて撃ち殺したので、ほかの賊は進み出ることができなかった。典韋はまた進んで敵に突きかかり、数人を殺したが、深手を負って傷口は開き、目を怒らせて大声で罵りながら死んだ。賊は恐る恐る近付いて彼の首を斬り、それを回し合って見せ物とし、軍を覆して彼の躯を見物した。太祖は舞陰まで退却して落ち着いたが、典韋の死を聞いて涙を流し、彼の棺を盗み取ってくる者を募った。自ら親しく立ち会って彼のために哭し、襄邑に送り返して葬らせ、子の典満に官を授けて郎中とした。車駕が通りかかるたび、いつも中牢の生け贄でった。太祖は典韋を思い出し、典満を司馬に任じて身近に引き寄せた。文帝曹丕)は王位に即くと、典満を都尉として関内侯の爵位を賜った。