利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

龐淯伝

龐淯子冀といい、酒泉表氏の人である。はじめ涼州従事をしながら破羌県長を務めていた。そのころ武威太守張猛が叛逆し、刺史邯鄲商を殺害したが、張猛は布令を出して「あえて邯鄲商の遺体に臨む者があれば、死んでも赦さないぞ」と言った。龐淯はそれを聞いて官を棄て、昼夜走り続け、遺体のある場所で号泣した。張猛の門に参上し、匕首をばせ、お目見えして張猛を殺そうとした。張猛は彼が義士であることを知り、殺さないよう命令した。これによって忠烈をもって知られるようになった。[一]太守徐揖が請願して主簿としたが、のちに郡の人黄昂が叛逆し、城を包囲した。龐淯は妻子を棄て、夜中城壁を乗り越えて包囲を脱出し、張掖・燉煌の二郡に急を告げた。(二郡は)はじめ疑って軍勢を出すことを承知しなかったが、龐淯が剣に伏せ(て、自殺し)ようとしたので、二郡は彼の義心に感心し、ついに軍勢を催した。軍勢がまだ到着しないうちに郡の城邑はすでに陥落し、徐揖は死んだ。龐淯は徐揖の遺体を引き取って本郡に送り届け、三年の喪に服したのち帰った。太祖曹操)はこれを聞き、招いて掾属とした。文帝曹丕)が践祚すると駙馬都尉の官を拝し、西海太守に遷り、関内侯の爵位を賜った。のちに召し返されて中散大夫を拝し、薨じた。子の龐曾が嗣いだ。

[一] 『魏略』に言う。張猛の兵は龐淯を捕縛して連れてこようとした。張猛はそれを聞いて歎いた。「張猛は刺史を殺して罪悪を為し、この人は忠誠を極めて功名を為す。もし彼を殺すならば、どうして州内の律義の士を導くことができようか!」ついに喪に行って服させた。『典略』に言う。張猛は字を叔威といい、もともと燉煌の人である。張猛の父張奐は、桓帝の時代に出仕して郡守・中郎将・太常を歴任し、そのまま華陰に居住し、臨終を迎えて葬られた。建安年間(一九六~二二〇)の初め、張猛は(弘農?)郡に出仕して功曹となった。このころ黄河西岸の四郡は涼州の役所から遠く離れていて、海賊に遮断されていたので、上書して別に州を設置するよう求めていた。詔勅によって陳留の人邯鄲商が雍州刺史となり、別の四郡を司った。当時、武威太守が欠員となっており、張猛の父が昔、黄河西岸で威名を馳せていたことから、詔勅によって張猛を補任し、邯鄲商・張猛は一緒に西方に赴いた。むかし張猛と邯鄲商は同い歳であったので、いつもふざけて馬鹿にしあっていた。ともに官職に就くことになると、道すがらますますなじりあって相手を怨んだ。任地に着くと邯鄲商は張猛を誅殺しようとしたが、張猛はそれを悟り、ついに兵を率いて邯鄲商を攻撃した。邯鄲商の政庁は張猛の政庁のすぐ側にあった。邯鄲商は兵が来たと聞くと恐怖して屋根に登り、張猛の字を呼んで「叔威よ、を殺そうというのか?しかし我が死者となって知覚があれば、汝を皆殺しにするぞ。和解しよう。まだ可能だろう?」と言った。そこで張猛は呼んだ。「来い。」邯鄲商は屋根を乗り越えて張猛のもとへやって来た。そこで張猛は彼を責めなじり、言葉が終わると邯鄲商を督郵に引き渡した。督郵は邯鄲商を取り調べ、庁舎に勾留したが、のちに邯鄲商が逃げようとしたのが発覚し、ついに彼を殺してしまった。この歳は建安十四年である。翌十五年になると将軍韓遂が自ら言上して張猛を討とうとしたので、張猛は軍勢を動員して東方を防がせた。その官吏・民衆は韓遂を畏怖し、寝返って韓遂とともに張猛を攻撃した。はじめ張奐が武威太守になったとき張猛は母胎にいた。母は張奐の印綬を持って矢倉に登り、歌を歌っている夢を見た。朝になって張奐に語った。張奐は夢占いの者に尋ねると「夫人は男の子をご出産されるでしょう。(その子は)のちに再びこの郡に戻り、必ず在官のまま死んでしまわれます!」と言う。張猛は攻められるに及び、自分が必ず死ぬことを知って言った。「死者に知覚が無ければそれまでのことだ。もし知覚が有るならば、吾が頭を東方の華陰に行かせて先君の墓に参るとするか?」そして矢倉に登り、自焼して死んだ。

趙娥伝

むかし龐淯の外祖父趙安は同県の李寿に殺され、龐淯の兄弟三人も同時に病死してしまったので、李寿の家は喜んだ。龐淯の母趙娥は父の仇敵に報いることができないことを悲しみ、車に幔幕を付け剣を袖に隠し、白昼、李寿を都亭の前で刺した。事を終えると、おもむろに県に出頭したが顔色は変わらず、「父の仇敵には既に報いました。刑罰を受けるのが望みです」と言った。禄福県長尹嘉は印綬を外して(官を棄て)趙娥を釈放しようとしたが、趙娥が承知しなかったので、力づくで車に乗せて家に帰した。たまたま大赦令があって免じられたが、州郡は讃歎し、(趙娥の義挙を)石に刻んで村の門に置いた。[一]

[一] 皇甫謐の『烈女伝』に言う。酒泉の烈女龐娥親というのは、表氏の龐子夏の妻で、禄福の趙君安である。君安は同県の李寿に殺された。娥親には男の弟が三人いて、みんな復讐を誓ったので、李寿は深く用心した。たまたま流行病にかかり、三人はみな死んでしまった。李寿は聞いて大喜びし、一族を宴会に招き、ともども慶賀しあった。「趙氏の強壮(三~四十代の男)はもういなくなってしまい、ただ女子供がいるだけだ。何をまた心配することがあるだろう!」と言い、防備を怠るようになった。娥親の子龐淯は出て行って、この李寿の言葉を聞き、帰って娥親に告げた。娥親はもともと復讐心を持っていたので、李寿の言葉を聞き、感情を激することいよいよ深く、涙をこぼし愴然として言った。「李寿よ、は喜ぶな。汝を活かしてはおかぬぞ!天を戴いて地を踏み、の門戸と(して暮らしを平穏に)するのは、吾の三人の子の恥なのだ。どうして娥親が手に刃を持って汝を殺さないことを僥倖だと思っているのか?」密かに名刀を買い、長い刃を抱えて短い刃を手に取り、昼も夜も哀しんで、志は李寿を殺すことだった。李寿の人となりは凶暴であったが、娥親の言葉を聞くと、また馬に乗り刀を帯びるようになったので、郷の人はみな彼を畏れ憚った。その近隣に氏のがおり、娥親が仕損ずることを心配し、逆に殺されてしまうのではないかと恐れ、いつも諫止して言っていた。「李寿は男子です。もともと凶悪な性質ですし、しかも今は防備に身を固めています。趙さんに猛烈の志があると言っても、強弱はありますからかないっこありません。もし遭遇しても仕損じてしまえば、またもや李寿から害を受けて門戸は絶滅してしまうでしょう。痛みと屈辱は軽くはありませんよ。よくよく行動には気を配って、門戸のためを考えてください。」娥親は言った。「父母の仇敵とは天地と月日を共同にしないものです。李寿が死ななければ、もし娥親が世間で生計を立てたとしても、何を求めて活きていられるのでしょうか!いま三人の弟が早死して門戸は泯滅(滅亡)したとはいえ、まだ娥親がおります。どうして他人の手を借ることがありましょう!もしのお心でを比較すれば、李寿を殺すことはできないでしょう。我の心で考えれば、李寿は必ず我に殺されるのが明らかです。」夜になるとしばしば所持している刀を研ぎ、切歯扼腕しては涙を流して歎息したが、家人や郷里ではみな笑っていた。娥親は左右の人に言った。「卿がたは笑っておりますが、それは我がひ弱な女なので李寿を殺せないと思っているからです。必ずこの刀の刃を李寿の頸の血で汚し、汝たちにこれを見せつけてやりましょう。」ついに家事を棄て、鹿車に乗って李寿を付け狙った。光和二年(一七九)二月上旬にいたり、白昼の清らかなとき、都亭の前で李寿に遭遇した。すぐに車を下り、李寿の馬を叩いて彼を叱りつけた。李寿は驚愕し、馬を返して逃げようとした。娥親は刀を振るって彼を切った。同時に彼の馬も傷付けたので、馬は驚いて李寿を道端の溝に振り落とした。娥親は彼が落ちたあたりを探して切ったが、樹蘭の木に深く当たって、所持していた刀が折れてしまった。李寿は傷を負ったがまだ死んでいなかった。そこで娥親は突き進んで李寿の佩刀を奪って李寿を殺そうとした。李寿は刀を護りながら目を怒らせて大声で叫び、跳梁して立ち上がった。娥親は体を投げ出して手を振り回し、左手で彼の額を押さえ、右手で彼の喉を突き刺した。ぐるぐると何度も繰り返したすえ手応えがあって(李寿は)倒れた。その刀を抜いて李寿の頭を切断し、それを持って都亭に行き、自首した。おもむろに牢獄へ歩いて行き、言葉も顔色も変えなかった。当時の禄福の県長、寿陽の尹嘉は娥親を裁くことに忍びず、印綬を外して官を去り、法をゆるめて釈放しようとした。娥親は言った。「仇敵を討って身は死ぬのがの本望です。獄を治めて刑を制するのが君の常道です。どうして官の法律を枉げてまで生を貪りましょう?」郷の人はこれを聞き、城内総出で駆け付け、見物する者で人垣を作った。悲喜慷慨して歎かない者はなかった。守尉(官名)もあえて公式に釈放しなかったが、立ち去るように密かに告げて、隠れるのに便宜をはかってやった。娥親は抵抗して大声で言った。「法を枉げて死を逃れるのは妾の本心ではありません。仇敵に報復したからには死ぬのが妾の本分です。法律に帰服して国体を全うさせてください。一万回死んだとしても娥親は満足です。生を貪ってまで裁決に背きたくありません。」はわざと聞こえないふりをして取り合おうとしなかったが、また娥親は言った。「匹婦は賎しい身ですが、それでも法律を知っています。殺人は法律が許さない罪です。いまそれを犯してしまったのですから、公正さからいって逃れることはできません。死刑にしてください。朝市で身体を斬られ、王法を明らかにすることが娥親の願いです。」語気はいよいよ激しく、そして恐れる様子はなかった。尉はその信念を変えるのが難しいと知ると、力づくで車に乗せて家に帰した。涼州刺史周洪・酒泉太守劉班らはともども上表して、その烈義を称え、村の門に石を刻んで碑を立てて顕彰した。太常の弘農の張奐はその行動を尊び、束帛二十端をもって礼とした。海内でそれを聞いた者で、その義挙を尊重し、姿勢を正して褒めない者はなかった。黄門侍郎安定梁寛は後に娥親のことを記述し、彼のために伝を作った。玄晏先生(皇甫謐)は思う。父母の仇敵とは天地を共にしないものだが、それは男子のすることである。それなのに娥親はひ弱な女の身でありながら、父の受けた屈辱の苛酷さを思い、仇敵どもの凶暴な言葉に憤激し、剣を奮って頸を狙い、人馬ともども打ち砕き、亡き父の怨めしく思う魂を充足させ、三人の弟の永い恨みを雪いだ。近世以来、未だなかったことである。詩に言う「我が戈矛を修めて、と仇を同じくしよう」とは娥親のことである。