利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

陳武伝

陳武子烈といい、廬江松滋の人。孫策寿春にあったとき、陳武は出かけて拝謁する。ときに十八歳、身の丈七尺七寸であった。付き従って長江を渡り、征討で武功を挙げて別部司馬を拝した。孫策は劉勲を打ち破ったとき、廬江の人間を多数手に入れたが、その中から精鋭を選りすぐって陳武をその監督者にしたところ、行く手を遮る者はなかった。孫権が事業を統括するようになると督五校に転任した。仁慈に厚く施しを好んだので、郷里や遠方から数多くの賓客たちが彼に身を寄せた。孫権からは最高の親愛を被り、しばしば彼の邸宅を訪れることもあった。功労を重ねて官位は偏将軍に進んだが、建安二十年(二一五)、合肥攻撃に従軍し、命懸けで奮闘したすえ戦死する。孫権はそれを悲しみ、直々に彼の亡骸と対面した。[一]

[一] 『江表伝』に言う。孫権は彼の愛妾に殉死を命じ、賓客二百家を(租税免除)とした。 孫盛は言う。むかし三人の良民がに殉じ、軍はそのために遠征できなくなった。の妾は嫁に出され、杜回はそのために僵仆(転倒)した。禍福の報いはこのような結果をもたらすのだ。孫権は計算術数に頼り、生者を死者に従わせた。国祚の尽きるのが早かったのも当然ではないか!

子の陳脩には陳武の風格があり、十九歳のとき、孫権は召し寄せて激励し、別部司馬に任じて軍勢五百人を授けた。そのころ諸将の手の新兵には逃亡したり叛乱したりする者が多かったが、陳脩はよくよく手懐けて気持ちをつかんだので、一人として失うことはなかった。孫権はそれを奇特なことと思い、校尉に任命してやった。建安年間(一九六~二二〇)の末期、功臣の子孫をさかのぼって考課することになり、陳脩は都亭侯に封ぜられて解煩督になった。黄龍元年(二二九)に卒去した。

陳表伝

弟の陳表は字を文奧といい、陳武の庶子である。若くして名を知られ、諸葛恪・顧譚・張休らと並んで東宮に侍り、みな親友同士であった。尚書曁豔もまた陳表と親しかったが、のちに曁豔は罪人になった。当時の人々はみな保身に回り、交流が深くとも弁護してやることは少なかった。陳表だけはそうした態度を取らず、士人はそのことから彼を尊敬した。太子中庶子って翼正都尉に任じられた。兄の陳脩が亡くなったのち、陳表の母は陳脩の母の言い付けを聞かなくなった。陳表は自分の母に言った。「兄上は不幸にして早くに亡くなり、陳表が家業を統べることになりましたゆえ、嫡母を敬わねばなりません。母上がもし陳表のため感情を抑えて嫡母を尊重して頂ければ、それは願ってもないことです。もし母上がそうおできにならなければ、ただちに出ていって別居していただきます。」陳表が大義に照らして公正であったのは、これほどのものであった。それ以来、二人の母は感悟して仲睦まじくなった。陳表は父が敵地で死んだことから、将帥に任用してほしいと志願し、軍勢五百人を領することになった。陳表は戦士たちが力を尽くしてくれることを願い、心を込めて接待したので、兵士たちはみな心底懐き、命令に従うことを喜ぶようになった。そのころ、お上の物を盗んだ者があって、無難士施明に嫌疑がかけられていた。施明は昔から精悍な性質であって、逮捕されて拷問を受けても、死をって口を割らなかった。廷尉がそれを報告すると、孫権は陳表がよく健児の心を得ているということで、詔勅により施明の身柄を陳表に預け、彼の思うがままの方法で実情を調べさせた。陳表はすぐさま手かせを壊して沐浴させ、衣服を替えてやり、手厚く酒食を設け、楽しみを尽くしてから聞き出すと、施明はとうとう自白し、共犯者の名をつぶさに列挙した。陳表がありのままの状況を報告すると、孫権は大層驚き、彼の名声を傷付けぬよう、特別に施明を赦免して共犯者だけを誅殺した。陳表を無難右部督に昇らせ、都亭侯に封じて旧来の爵位を継がせた。陳表はすべて辞退して、陳脩の子陳延に伝えさせてほしいと歎願したが、孫権は許可しなかった。嘉禾三年(二三四)、諸葛恪丹陽太守を領して山越を平定したとき、陳表に新安都尉を領させて諸葛恪に加勢させるようにと上表した。かつて陳表が賜った復人二百家は会稽新安県に住まいしていたが、陳表がその人々を視察してみると、みな好き兵士になれそうであった。そこで上疏して返上を願い、官に組み込んで精鋭を補充してほしいと申請した。詔勅に言う。「先代の将軍(陳武)は我が国に対する功績があった。それゆえ国家はこれに報いたのである。はどうしてこれを辞退する理由があろうか?」陳表はそこで述べた。「いま賊徒を排除して父の仇を討つにあたっては、人間を根本としているのでございます。彼らのような精鋭を無理やり遊ばせて奴隷扱いにしてしまうのは、陳表の本意ではございません。」全員を一人づつ検査して部隊に割り当てた。現地から報告が上げられると、孫権はそれに大層満足し、郡県に下命して一般の戸籍から弱者を選んで彼の下に割り当てた。陳表は在官すること三年、両手を広げて投降者を受け入れ、兵士一万人余りを手に入れた。事業は成功を収め、(栄転の沙汰を受けて)出ていこうとしたとき、ちょうど鄱陽の住民呉遽らが反乱をなして城郭を攻め落とし、属県に動揺が広がった。陳表がすぐさま郡境を越えて討伐に駆け付けると、呉遽はそのために敗北し、投降した。陸遜は陳表を偏将軍に任じて封爵を都郷侯に進め、北へ章阬に屯させた。三十四歳で卒去した。家の財産は兵士を給養するために使い果たしており、彼の死んだ日、妻子は露天に立ち尽くす有様であったので、太子孫登が彼らのために邸宅を建ててやった。子の陳敖は十七歳で別部司馬を拝して軍勢四百人を授かった。陳敖が卒去すると、陳脩の子陳延がまた司馬として陳敖の後任にあたった。陳延の弟陳永は将軍として侯に封ぜられた。施明はむかし陳表に感化され、自分から行いを改めて善行を積むようになり、ついには勇将へと成長し、官位は将軍にまでなった。