利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

董襲伝

董襲元代といい、会稽余姚の人。身の丈は八尺、武勇は人並み外れていた。[一]孫策が入郡したとき、董襲は高遷亭において出迎えた。孫策は(彼と)会って立派に思い、(治府に)到着すると門下賊曹に任じた。そのころ、山陰の古株の賊黄龍羅・周勃が一味数千人を集めていた。孫策が自ら討伐に出向くと、董襲はその手で黄龍羅・周勃の首を斬り、帰還したあと別部司馬を拝命し、軍勢数千人を授かった。(のちに)揚武都尉に昇進した。孫策の攻撃に従軍し、また尋陽においては劉勲を追討し、江夏においては黄祖を征伐した。

[一] 謝承の『後漢書』では、董襲は節義の固い慷慨の士で、勇武剛毅にして英邁壮烈であったと評している。

孫策が薨去したとき、孫権は年若く、初めて事業を統括することなったため、太妃(孫権の母)は彼のことを心配し、張昭および董襲らを引見して江東を安全に保てるであろうかと訊ねた。董襲は答えて言った。「江東の地勢には山川の堅固さがあり、そのうえ討逆明府(孫策)が民衆に恩徳を施されております。討虜(孫権)さまが基礎を受け継ぎ、大身も小者もご命令を奉じ、張昭が万事を統べ、董襲らが爪牙となっております。これこそ地の利、人の和の(ともに得られた)時でありますから、よろづご心配はないのでございます。」人々はみな彼の言葉を壮快に感じた。

鄱陽の賊彭虎らの軍勢は数万人もあった。董襲は淩統・歩隲・蔣欽とともに、おのおの手を分けて討伐に当たったが、董襲が向かった先ではあっさりと打ち破られたので、彭虎らは(董襲の)旌旗が遠くに見えただけですぐさま逃げ散り、十日ほどですっかり平定された。威越校尉を拝命し、(のちに)偏将軍に昇進した。

建安十三年(二〇八)、孫権は黄祖を討伐した。黄祖は二隻の蒙衝を横向けて沔口を(両側から)挟むようにして守り、栟閭(しゅろ)の大紲に石を繋いでとし、船上にいる千人が弩を(十字に)交差させて発射したので、飛来する矢は雨のように降り注ぎ、(孫権の)軍は前進できなかった。董襲は淩統とともに先鋒となり、おのおの敢死兵百人を率い、一人一人が鎧を重ね着して大舸船に乗り込み、(二隻の)蒙衝の隙間に突入した。董襲がその手に持った刀で二本のを切断すると、蒙衝はでたらめに流れだし、大軍はようやく進むことができた。黄祖はすぐさま城門を開いて逃走したが、兵士が追跡して彼を斬った。翌日、盛大な酒宴が催され、孫権は盃を手に董襲へ酌をしながら言った。「本日の宴会は、紲を切断した功績あればこそだ。」

曹公が濡須に侵出してきたとき、董襲は孫権に随従してそこへ駆け付けた。(孫権は)董襲に五隻の楼船を監督させて濡須口に駐留させた。夜中に突然、暴風が吹いて五隻の楼船は横転した。左右の側近たちは走舸を切り離し、董襲に脱出するよう請願した。董襲が怒りながら「将軍の任務を受けてここで賊軍に備えておるのだ。どうして投げ出して逃げることができよう。それでもまだ言う者があれば、斬る!」と言うと、その上、あえて楯突く者はなかった。その夜、船は崩壊し、董襲は死んだ。孫権は喪服に着替えて葬儀に参列し、(遺族への)恩給は極めて手厚いものであった。