利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

呉書九 三国志五十四 周瑜魯粛呂蒙伝第九

周瑜伝

周瑜公瑾といい、廬江の人である。従祖父周景、周景の子周忠はいずれも太尉となった。[一](周瑜の)父周異洛陽県令である。

[一] 謝承の『後漢書』に言う。周景は字を仲嚮といい、若くして廉潔有能によって称せられ、学問に明るいことから孝廉に推挙され、三公の府(役所)に招かれた。のちに予州刺史となったとき、汝南陳蕃を招いて別駕とし、潁川李膺・荀緄・杜密沛国朱寓従事としたが、みな天下英俊の士であった。次第に昇進して尚書令になり、ついに太尉の地位に昇った。 張璠の『漢紀』に言う。周景の父は周栄といい、章帝・和帝の御代に尚書令となった。はじめ周景は州牧・太守の地位を歴任し、善行を好んで士人を愛し、毎年孝廉を推挙するたび、(その人を)招き入れて奥座敷に上がらせ、家族とともに宴会を楽しんだ。そうしたことは三・四回もあって、餞別を送るにも手を尽くし、さらにその人の子弟を任用してやった。いつも言うには、「臣下を息子にしてしまう。政において(これ以上の)何があろう?」それ以前、司徒韓縯河内太守であったころ、公務を心がけて私心なく、推挙した者には一言述べるに留まり、その後はその人の門戸へは(恩恵を)及ぼさなかった。言うには、「は良き人物を推挙するが、恩愛を一つの家に偏らせまいぞ。」当時の論者には両方を非難する者があった。

周瑜は成長すると姿貌の持ち主になった。はじめ孫堅は義兵を起こして董卓を討伐したとき、住まいを舒に移した。孫堅の子孫策は周瑜と同い年で、ただ二人きりで仲良くなった。周瑜は道の南向かいの大邸宅を宿所として孫策に差し出し、表座敷に昇って(孫策の)母に拝礼し、足りない物があれば分け合った。周瑜の従父周尚丹陽太守になったので、周瑜は出かけていって彼を訪ねた。ちょうどそのとき孫策は(長江を)東へと渡って歴陽に行こうとしていたが、手紙を飛ばして周瑜に知らせたので、周瑜は軍勢を率いて孫策を出迎えた。孫策は大喜びして言った。「を得たからには事業に目処が付いたぞ。」そのまま横江・当利攻撃に従軍し、みな陥落させた。そののち長江を渡って秣陵を攻撃し、笮融・薛礼を打ち破り、転進して湖孰・江乗に下向して曲阿に進入した。劉繇が遁走したとき、孫策の軍勢はすでに数万人に達していた。そこで(孫策は)周瑜に告げた。「吾はこの軍勢でもって呉会(呉郡・会稽郡)を切り取り、山越を平定するのに充分だと思う。卿は帰還して丹陽を鎮撫していてくだされ。」周瑜は帰還した。しばらくして袁術が従弟袁胤を派遣して周尚に代えて太守にすると、周瑜は周尚とともに寿春に帰還した。袁術は周瑜を将にしたいと思ったが、周瑜は袁術が結局成功できないだろうと観測したので、居巣県長になりたいと請願し、東方へ帰還する口実とした。袁術がそれを聞き入れたので、そのまま居巣を経由してへと帰還した。この歳は建安三年である。孫策は自ら周瑜を出迎えて建威中郎将の職を授け、すぐさま軍勢二千人、騎馬五十匹を与えた。[一]周瑜はこのとき二十四歳、呉ではみな「周郎」と呼んだ。周瑜の恩恵・信義は廬江で顕著であったので、出向して牛渚を固め、のちに春穀の県長を領した。しばらくして孫策は荊州を略取せんと企て、周瑜を中護軍とし、江夏太守を領させた。皖城攻めに従軍し、これを陥落させた。そのとき橋公の二人のを手に入れたが、いずれも中国一の色香であった。孫策は自ら大橋を納れ、周瑜は小橋を納れた。[二]また尋陽に進出して劉勲を破り、江夏を討伐した。引き返して予章・廬陵を平定し、巴丘に駐留した。[三]

[一] 『江表伝』に言う。孫策はまた周瑜に鼓吹を給付して館舎を用意してやり、下賜(の重さ)は比肩する者がなかった。孫策は布令を下して言った。「周公瑾は英俊異才であり、とは総角のころからの好誼、骨肉の本分があった。以前に丹陽にいたときなどは、軍勢および艦船・糧秣を徴発してくれ、大事業を完成できた。徳義を論じて功績に報いたが、これでもまだ充分な報酬ではあるまい。」

[二] 『江表伝』に言う。孫策はのんびりとして周瑜に冗談を言った。「橋公の二人の女は生き別れになったが、吾ら二人を婿にできたのだから喜んでもいいだろうね。」

[三] 臣裴松之は考える。孫策はこのとき初めて予章・廬陵を手に入れたのだが、それでもまだ江夏を平定できていなかった。周瑜が鎮撫したのは今の巴丘県に相当し、後に卒去したという巴丘とは同じ場所ではない。

五年、孫策が薨去し、孫権が事業を統括することになった。周瑜は軍勢を率いて埋葬に駆けつけ、そのまま呉に留まり、中護軍として長史張昭とともにもろもろの事務を管掌した。[一]十一年、孫瑜らを監督して麻・保、二つの屯所を討伐し、その頭目を梟首したが、捕虜は一万人余りに上った。引き揚げて官亭を守備した。江夏太守黄祖が将鄧龍に軍勢数千人を率いて柴桑に侵入させると、周瑜は追討して攻撃し、鄧龍を生け捕りにして呉に送り飛ばした。十三年春、孫権は江夏を討伐したとき、周瑜を前部大督とした。

[一] 『江表伝』に言う。曹公曹操)は袁紹を撃破したばかりで、軍勢の威信は日に日に盛んになっていた。建安七年、(曹公は)手紙を下して子息を人質に出すよう孫権に要求してきた。孫権は群臣を召しだして会議を開いたが、張昭・秦松らはためらって決断することができなかった。孫権は内心人質を送りたくはなかったので、ただ周瑜だけを連れて母の御前へ参って相談した。周瑜は言った。「むかしの国が荊山の側に封ぜられたばかりのころ、土地は百里にも満たなかったのですが、後継者が賢明有能で、領土を広げて境界を開き、に基礎を打ち立てて、ついに荊陽を根拠とし、(その勢力は)南海にまで行き着き、事業を伝えて国祚を延ばすこと九百年余りになりました。いま将軍は父兄の資質を受け継ぎ、六郡の軍勢を兼併しておられ、軍勢は精強にして食糧は多量、将兵は命令を奉じており、山を鋳れば銅となり海を煮れば塩となり、領内は富みあふれて人々は混乱を望まず、そこかしこで舟は帆を張って朝に出発して夕に到着し、士風は強く勇ましく向かうところ敵なしであります。何の差し障りがあって人質を送ろうとなさるのです?ひとたび人質をお入れになれば、曹氏と相互協力しないわけにはいかず、相互協力すればお召しの命令に従わざるを得ず、やすやすと他人に制御されることになりましょうぞ。(手に入る物は)せいぜい侯の印綬一つと奴隷十人余り、車を数乗に馬を数匹に過ぎますまいに、どうして南面してと称するのと同列にできましょうか?派遣など致さず、ゆっくりと変化の起こるのを待つに越したことはありません。もし曹氏がよく義を行って天下を正すことができたならば、(そのあと)将軍が彼にお仕えしても遅くはないでしょう。もし(彼が)暴虐混乱を企てるようでしたら、兵事は火炎のようなものでありますから、自分が火傷を負わぬわけには参りますまい。(そのとき)将軍は勇気を包み隠して威勢を抑え込み、天命を待たれればよく、どうして人質をお送りする理由がありましょうか!」孫権の母は言った。「公瑾の意見は正しい。公瑾は伯符(孫策)と同い年で一月若いだけですが、我は彼を我が子のように見ておりますよ。も彼に兄事なさい。」ついに人質を送ることはなかった。

その年九月、曹公が荊州に進入すると、劉琮は軍勢をこぞって降服した。曹公がその水軍を手に入れ、水兵・歩兵は数十万人になったので、(呉の)将兵たちはそれを聞いてみな恐懼した。孫権は配下の者どもを引見して計略を諮った。論者はみな言った。「曹公は豺虎でありながら漢の宰相を名分とし、天子を擁して四方を征討して、朝廷の御為を口実にして行動しております。今日これを拒めば、事態はさらに容易ならざることになりましょう。そのうえ将軍の大きな味方であり、曹操に対抗させているのは長江であります。いま曹操が荊州を手に入れてその土地を覆い、(かつて)劉表が調練した水軍は蒙衝・闘艦が千単位もございましたが、曹操は(それらの艦船を)ことごとく長江沿岸に浮かべ、歩兵を兼併して水陸両面から下ってきておりますが、これは長江の険阻さが、とうに我らと共有されたということであります。そのうえ兵力の多寡はまた論ずべくもありません。大計を愚考するに、彼を迎え入れるに越したことはありますまい。」周瑜は言った。「左様ではございますまい。曹操は漢の宰相を名分としておりますが、その実、漢の国賊であります。将軍は神のごとき武勇と英雄たる才覚、加えて父兄の功業をもって江東に割拠なさり、地方は数千里になり、軍勢は精強にして役立ち、(配下の)英雄どもは業務を楽しんでいるのです。少なくとも、天下を横行して漢家のために残虐汚穢を取り除くべきであって、ましてや曹操が自分から死ににやって来たというのに、それを迎え入れることなどありましょうや?将軍の御為に計略を立てることを許されたい。今たとい北方が既に安定されて曹操に内憂がないとして、長期間持久して境界を争いに来ることができたとしても、またどうして我らと船楫において対等に勝負することなどできましょうか?いま北方は未だ平安でない上、加えて馬超・韓遂がなお関西にいて曹操の後患となっているのです。しかも鞍馬をてて舟楫を手に取り、呉越と力比べをするとなると、もともと中国の得意とするところではありません。さらに今は盛寒にあたり、馬に(与える)藁草なく、中国の軍勢を駆り出してはるばる江湖一帯に渡らせても、水や土に慣れず、必ずや疫病が発生するでありましょう。これら数点は軍勢を動かす際の懸案事項でありますが、しかしながら曹操はそれらをみな冒しているのです。将軍が曹操を生け捕りになさるのも今日明日のことでありましょう。周瑜は精兵三万人をお預かりして夏口に進駐したいと存じます。将軍の御為に彼を撃破することをお約束いたしましょう。」孫権は言った。「老賊めは漢を廃して自分が立とうと願っておったが、ただ二袁・呂布・劉表、それに孤だけを心配していた。いま数々の英雄たちはすでに滅亡し、ただ孤だけが残っているのだ。孤と老賊は情勢からいって両立しない。君が撃つべしと言うのは、きわめて孤(の意見)と適合しておる。これは天が君を孤に授けてくれたのである。」[一]

[一] 『江表伝』に言う。孫権は抜刀して眼前の文机を切り、「諸将官吏のうちに再び曹操を迎え入れるべきと敢えて言う者があれば、この机と同じだぞ!」と言った。会見が終わった夜になると、周瑜が拝謁を求めて言った。「諸人はただ曹操の手紙を見ただけで水兵・歩兵八十万と言い、おのおの怖じ気付いてしまってその虚実を料簡しようとせず、拙速にもああした議論を展開いたしておりますが、はなはだ根拠無きことでございます。いま事実に基づいて愚考いたしますと、彼が率いてくる中国人は十五・六万人に過ぎず、しかも軍勢はすでに久しく疲労しており、手に入れた劉表の軍勢とてせいぜい七・八万のみで、今なお狐疑を抱いております。疲労した士卒をもって狐疑の軍勢を制御するというのですから、人数が多いとはいえ、まるで畏るるに足りぬのであります。精兵五万を得られればきっと彼を制するには充分です。将軍よ、ご憂慮召されますな。」孫権は背中を撫でながら言った。「公瑾よ、卿の言葉がそこに帰結するのなら、きわめて孤の気持ちに適合しておる。子布・文表といった諸人は、おのおのが妻子を顧みて私情を差し挟み、いたく失望させられた。ただ卿と子敬だけが孤に賛同してくれた。これは天が卿たち二人によって孤を助けてくれているのだ。五万の軍勢を卒爾集合させることは困難であるが、既に三万人を選抜し、艦船・食糧・武具などは全て整っておる。卿は子敬・程公とともにすぐさま先発してくれ。孤は人数を断続的に徴発し、多量の物資・食糧を搭載して卿の後援をしよう。卿がよく彼を仕切れるならまこと決着を付けてくれ。思い通りにならないことがあったとしても、すぐさま帰還して孤のもとに駆け付けてくれれば、孤が曹操と決着を付けるだろう。」 臣裴松之が考えるに、曹公を拒絶する計画を建てたのは実際魯粛より始まる。当時、周瑜は鄱陽に使いしており、魯粛が周瑜を呼び寄せるよう孫権に勧めたことから、周瑜は鄱陽への使いから帰ったのであり、ただ内心では魯粛と一致していたため、ともに大勲を成し遂げることができたのだ。本伝ではただ、孫権が配下の者どもを引見して計略を諮ると、周瑜は衆人の議論を排除し、ただ一人対抗する計略を述べたとのみ言い、しまいまで魯粛が先に計略を持っていたとは言わない。まるで魯粛の善を盗み取ったようなものだ。

このとき劉備は曹公に打ち破られ、南方へ引き揚げて長江を渡ろうとしていたが、当陽で魯粛と遭遇し、かくて共同して計画を立てることになった。そこで夏口に進駐し、諸葛亮を孫権のもとに派遣した。孫権はかくて周瑜および程普らをやって劉備と協力して曹公を迎撃させ、赤壁で対峙した。時に曹公の軍勢はすでに疾病を抱えており、初めに一度交戦しただけで曹公の軍は敗退し、長江北岸に引き揚げていった。周瑜らは南岸に布陣した。周瑜の部将黄蓋が言った。「いま賊は多勢、我は寡勢であって持久戦は困難です。しかしながら曹操軍を観察いたしまするに、艦船をまっすぐ連ねてとが接しております。焼き討ちにすれば敗走させられましょうぞ。」そこで蒙衝・闘艦数十艘を選び、薪や草を詰め込んでその中に膏油を注ぎ、帷幕で包んで上に牙旗を建て、あらかじめ曹公に手紙を送り、偽りの降服をしようとした。[一]またあらかじめ走舸を準備して、それぞれ大船の後方に繋いでおき、それから行列を作って前進した。曹公軍の官吏・兵士らはみな首を伸ばして遠望し、指差しながら黄蓋が降服してきたと言った。黄蓋はもろもろの船を放ち、時を同じくして火を起こした。時に風は猛り狂い、ことごとく岸辺の陣営に延焼した。しばらくすると煙や炎が天に漲り、人馬のうち焼けたり溺れたりして死ぬ者は非常に多かった。軍はついに敗退し、引き返して南郡に楯籠った。[二]劉備が周瑜らと再び一緒になって追走すると、曹公は曹仁らを江陵城の守備に残して、まっすぐ自分は北方へ帰っていった。

[一] 『江表伝』に載せる黄蓋の手紙に言う。「黄蓋は孫氏から手厚い恩を受け、いつも将帥となって処遇は薄いものではありませんでした。しかしながら天下の事を顧みれば大勢というものがあり、江東六郡の山越の人々を用いて中国百万の軍勢にぶつかったとしても、(軍勢の)多寡が釣り合っていないことは、海内がそろって観察するところであります。東方の将校・官吏は愚者・智者(の区別)なく、みなそれが不可能であることを存じておりますが、ただ周瑜・魯粛だけはひたすら浅はかな考えを抱き、意味を理解できずにおるのです。今日ご命令に服しますのは、その実際的計算からであります。周瑜が督領しているのはもともと打ち砕きやすきものであります。矛を交えた日には黄蓋が前部(先鋒)となり、情勢を見ながら変化を起こし、命を投げ出すのも間近のことです。」曹公は特別に使者を引見して親しげに質問し、口約束をして言った。「汝が嘘を言っているのではないか、ただそれだけを恐れているのだ。黄蓋がもし信義を守ったならば、空前絶後の爵位恩賞を授けようぞ。」

[二] 『江表伝』に言う。戦いの日、黄蓋はあらかじめ快速船十艘を選び、乾燥した荻や柴をその中に積載し、魚膏を注いで赤い幔幕で覆い、旌旗・龍幡を船上に建てた。時に東南の風は激しく、そこで十艘を先頭に立てて、長江の真ん中で帆を挙げた。黄蓋は火を掲げて将校たちに告げ、兵士どもに声をそろえて叫ばせた。「降服だ!」曹操の軍人たちはみな陣営を出て立ち見したが、北軍を去ること二里余りのところで、時を同じくして火の手が挙がった。火は激しく風は猛り、向かってくる船は箭の如く、埃は飛んで絶爛し、北方の船を焼き尽くして岸辺の陣営まで延焼した。周瑜らが軽装の精鋭を率いてその後方から押し寄せ、太鼓をして大いに進撃すると、北軍は大壊滅して曹公は撤退逃走した。

周瑜はさらに程普とともに南郡へと進撃し、曹仁と長江を挟んで対峙した。両軍がまだ矛先を交えないうち、[一]周瑜はすぐさま甘寧を派遣して事前に夷陵を占拠させた。曹仁が歩騎を分けて別働隊に甘寧を攻囲させたので、甘寧は周瑜に危急を報告した。周瑜は呂蒙の計略を採用し、淩統を残して背後を守らせ、自身では呂蒙とともに(長江を)遡上して甘寧を救いに行った。甘寧への包囲が解かれたのち、(長江を)渡河して北岸に屯し、(曹仁と)期日を決めて大決戦を行った。周瑜は自ら馬に跨って櫟陣したが、そのとき流れ矢が右の脇腹に命中した。傷がひどく、急遽撤退した。その後、曹仁は周瑜が伏したまま未だ立ち上がれずにいると聞き、軍勢を率いて(呉の)陣営に取り付いてきた。周瑜はようようのことで自分の身を起こし、軍営を視察して官吏や兵士を激励した。曹仁はそれを見て、ついに(江陵城を放棄して)撤退した。

[一] 『呉録』に言う。劉備が周瑜に告げた。「曹仁が江陵城を守っておるが、城中の兵糧は多く、(我らにとっては)障害であると言っていいだろう。張益徳張飛)に千人を率いて卿に従軍させるから、卿は二千人を分けて我に随行させてくれ。それぞれが夏水から入って曹仁の背後を遮断するようにすれば、曹仁はこなたの進入を聞くや、必ず逃げ出すだろう。」周瑜は二千人を彼に加勢させた。

孫権は周瑜を偏将軍に任命して南郡太守を領させ、下雋漢昌劉陽州陵奉邑とし、江陵に据え置いた。劉備は左将軍のまま荊州牧を領し、公安で統治を行った。劉備がに参詣して孫権と会見したとき、周瑜は上疏して言った。「劉備には梟雄の相があるうえ、関羽・張飛といった熊虎の将がおり、久しく屈従して他人のために働いたりはきっといたしますまい。(国家の)大計を愚考いたしますに、劉備を移して呉に留め、盛大に宮殿をこしらえ、彼のために美女や娯楽を増やし、そうして彼の耳目を喜ばせてやるがよろしゅうございます。あの二人を離ればなれにして各方面に配置し、周瑜のような(立場の)者に味方させて戦闘に参加させれば、大事業を完成させることができるのです。いまみだりに土地を割譲して彼の元手にしてやり、あの三人を集結させて国境にまとめて置いておくのは、おそらくは蛟龍が雲雨を得たようなもので、しまいには池の中のものではなくなってしまいますぞ。」孫権は曹公が北方におり、手広く英雄たちを集める必要があり、同時に劉備を制御し続けるのが困難であることを危惧し、それゆえ聞き入れなかった。

その当時、劉璋益州牧であったが、外部からは張魯の侵略を受けていた。周瑜はそこで京に参詣し、孫権に拝謁して言った。「いま曹操は挫折したばかりで、まさに憂慮を体内に抱えているのであります。将軍と軍勢を連ねて事を構えることなどできますまい。奮威孫瑜)どのとともに進軍してを奪取し、蜀を得たうえは張魯を併合して奮威どのにその地を固守していただき、馬超と好を結んで同盟したいと存じます。周瑜が帰還してから、将軍とともに襄陽を占拠して曹操を追い詰めれば、北方のことは片付けることができましょう。」孫権はそれを許可した。周瑜は江陵に帰還して軍装に着替えたが、しかし道中、巴丘にて病のため卒去した。[一]時に三十六歳であった。孫権は白衣で哀悼を捧げ、左右の者たちを感動させた。亡骸が呉に帰ってくることになると、今度はそれを蕪湖まで出迎え、(葬儀に必要な)もろもろの費用は一切合切まかなってやった。のちに布令を下して言った。「の将軍周瑜・程普について、彼らが賓客を召し抱えていたとしても、すべて問責してはならない。」むかし周瑜は友人として孫策に処遇されていたが、(その母)太妃はそのうえ孫権にも彼へ兄事させた。そのとき孫権の官位は将軍であったが、諸将や賓客たちは(彼を軽んじ、)礼をするにも簡略さを優先した。しかし周瑜だけは真っ先に敬意を尽くし、すぐさま臣下としての礼節を執った。度量は寛大であって、ほとんどの場合は他人の心をつかむことができた。ただ程普とだけは仲が良くなかった。[二]

[一] 臣裴松之が思案するに、周瑜が蜀を奪取しようと江陵に帰還して軍備を整え、卒去したという場所は、今の巴陵に位置するのであって、前文に駐留したとある巴丘とは同じ名前であっても違う場所なのである。

[二] 『江表伝』に言う。程普はずいぶんと年かさであったので、たびたび周瑜を侮辱していた。周瑜は膝を屈してへりくだり、決して張り合おうとはしなかった。程普は後になって自分から感服し、彼を親しみつつ尊重するようになった。それから人に告げて言った。「周公瑾との交遊は醇醪(濃厚などぶろく)を呑むような趣がある。自分が酔ってしまったことに気付かないのだ。」当時の人々は、彼の謙譲がかようにまで他人を心服させたのだと思った。はじめ曹公は、周瑜が年少ながら立派な才能を持っていると聞き、游説によって心動かすべきだと考えた。そこで密かに揚州(の刺史)に命じ、九江蔣幹に周瑜を訪問させた。蔣幹は威儀ある風采を持ち、才覚と弁舌によって称賛を受けており、長江・淮水流域では孤高の存在であって、対等に太刀打ちできる者はいなかった。(蔣幹は)そこで布衣に葛巾(という出で立ち)で、私的な旅行にかこつけて周瑜を訪れた。周瑜は彼を出迎えたが、(屋外に)立ったまま蔣幹に言った。「子翼どの、ようこそ参られた。はるばる江湖まで来られたのは曹氏のために説客をなさるためかな?」蔣幹は言った。「吾と足下とは州里(同郷)なのにしばらく離ればなれであった。遠くにいて素晴らしい勲功を聞いたので、わざわざやってきて久闊を叙し、ついでに雅やかな教化に浴そうと思ったまで。それなのに説客などと言う。逆詐(勘繰り)というものではないか?」周瑜は言った。「吾は夔・曠に及ばぬとしても、弦を聞いて音を味わえば、雅曲を見分けるくらいはできるのですよ。」それから蔣幹を招き入れて酒食の宴を催した。お開きになってから、彼を見送りながら言った。「ちょうど吾は機密の仕事が入りましてな。まずは席を外して頂いて館に行っててくだされ。仕事が終わり次第、改めてお迎えいたしましょう。」三日後、周瑜は蔣幹を呼んで、一緒に陣中を見て回り、倉庫の物資や武器まで視察した。帰ってきて宴会を開き、侍者だの服飾だの珍品だのといった物を彼に見せてから、蔣幹に言った。「丈夫たる者が世に出たからには、己を知る君主に遭遇し、外面では君臣の義を装いつつ、内面では骨肉の恩を結び、献言は実行され、計略は採用され、禍福を共にするものだ。たとい蘇・張を再生させ、老人を復活させたとしても、それでも彼らの背を撫でつつ、その言葉を論破したであろう。どうして足下ごとき若造に気移りさせられようか?」蔣幹はただ笑うばかりで、結局何もしゃべれなかった。蔣幹は(北方に)帰還すると、周瑜の雅量と高尚さを称賛し、言辞による離間を否定した。中州の士人もまた、そのことから彼を重んじた。劉備が京から帰還するとき、孫権は飛雲の大船に乗って張昭・秦松・魯粛ら十人余りとともに彼を見送り、大宴会を催して別れを告げた。張昭・魯粛らが席を外したあと、孫権一人が残って劉備と語り合った。(劉備は)話の流れで、周瑜のことを賛美して言った。「公瑾の文武計略は万人の英俊ですな。あの器量の広大さを考えると、きっと久しく人臣のままではいないでしょう。」周瑜が軍を撃破したとき、曹公は言った。「孤は逃走を恥としない。」後に孫権に手紙を送って言った。「赤壁の戦役では、ちょうど疾病が起こったため、孤は船を焼いて自ら撤退したのだ。不本意ながら周瑜にはあのような虚名を与えることになってしまったよ。」周瑜の威信声望が遠方でも高らかであったので、曹公・劉備はみな疑惑を植え付けようとして彼を誹謗したのである。(周瑜が)卒去すると、孫権は涙を流しながら言った。「公瑾は王佐の資質を持っていたのに、いま忽然と命が尽きた。孤は何を頼りにすればよいのか!」後に孫権は尊号を称したとき、公卿たちに言った。「孤は周公瑾がおらねば、帝王たりえなかったな。」

周瑜は若いころから音楽に精通し、盃が三度回った後でも、それに間違いが有れば周瑜は必ずそれに気付き、気付けば必ず振り返った。そのため当時の人々は歌にして言った。「曲を間違えれば周郎が振り返る。」

周瑜には二男一女があり、女は太子孫登に嫁いだ。男子周循公主を降嫁されて騎都尉を拝命した。周瑜の遺風を持っていたが早くに卒去した。周循の弟周胤は、はじめ興業都尉を拝命して宗室の女を娶り、軍勢千人を授かって公安に屯していた。黄龍元年(二二九)、都郷侯に封ぜられたが、のちに罪過のため廬陵郡に配流された。赤烏二年(二三九)、諸葛瑾・歩騭が連名で上疏して言った。「故の将軍周瑜の子周胤は、むかしお引き立てを蒙って、封土を受け将軍となりましたが、お目こぼしによってそれを増やしたり、功績を立ててお報いしようとまで思いが至らず、情欲を欲しいままにして罪悪を招き寄せる結果となりました。臣らが密かに思うには、周瑜はむかし寵愛と信任を受け、入朝しては腹心となり、出向しては爪牙となり、ご命令を蒙って出征すれば、身に矢石が当たろうとも節義を尽くして任務を果たし、死ぬことを念願するかのようでありました。それゆえよく烏林において曹操を破砕し、郢都において曹仁を駆逐し、国家の威信を発揚して華夏を震わせ、蠢動する蛮荊どもであれ帰服せざる者をなくしたのであります。方叔や漢の(韓)信・(英)布といえども、まこと、これ以上ではありますまい。そもそも鋭鋒を挫いて艱難を斥ける臣下といいますのは、古代以来、帝王の尊重せざる例はございません。それゆえ漢の高帝劉邦)は封爵の誓文で『たとい黄河が帯のごとく太山のごとくなれども、国は永久に存在したまま苗裔に及ぶのである』と仰せられ、丹書をもってい、詛盟をもって重んじられ、宗廟にしまって無窮に伝えられました。功臣の子孫が代々にわたって相受け継ぎ、ただ子や孫のみならず、すなわちはるけき苗裔にまで、恩義に報い功績を明らかにせんがためであり、慇懃さ鄭重さがこれほどまで行き着きましたのは、後世の人々への指標とすることによって、ご命令を奉ずる臣下たちが死んでも後悔せぬようお図りくだされたからなのです。ましてや周瑜の身は亡んで間もないのです。それを彼の子周胤を匹夫に降格されましたのは、いよいよ傷み悲しむべきことであります。密かに思い奉りますのは、陛下の叡慮が古を思い起こして勃興継承の道を高められ、周胤の供述を引き出してあがないきれぬ罪を追及し、(償いが終わりましたら)軍勢を返還して爵位に復帰させられ、朝を忘れた鶏に再度一鳴きさせるよう、罪を抱えた臣下に後日のご報恩への道を開かれますように。」孫権は答えて言った。「腹心や元勲たちは孤を補佐して事業に協力してくれた。公瑾にはそうしたものがあって決して忘れられるものではない。むかし周胤は年少であって初めは功労も無かったのであるが、無理をして精兵を授け、爵位を侯のまま将帥に取り立てたのは、公瑾を思えばこそ(恩返しを)周胤に波及させたのであった。しかるに周胤はそれを驕り、酒に浸って身勝手に振る舞い、前後して訓諭したにも関わらず一度も改悛することがなかった。孤の公瑾に対する(気持ち)は、義理からいっても二君(の申すところ)と同じである。周胤が成熟するのを願っているばかりか、どうして(それだけで)済ませようか?周胤の罪悪を追及しつつも、すぐに徴し返すのを承知しないのは、ひとまず彼を追い詰めることによって自覚させたいからなのだ。いま二君が真心から漢の高祖による河山の誓いを引用されたので、孤は忸怩たる思いになった。徳義の点で彼(高祖)の仲間とは言えないが、それでも近付きたいとは願っている。事実としては依然あのような具合で、それゆえ未だご意見に添うことはできないでいるが、公瑾の子息のことでもあり、そのうえ二君が間に立ってくれているのだから、もしよくよく改悛してくれるのなら、またどうして心配することがあろうか!」諸葛瑾・歩騭の上表が奉られると、朱然および全琮もまた一緒に請願したので、孫権はようやく聞き届けた。ちょうどそのころ周胤は病死した。

周瑜の兄の子周峻は、やはり周瑜の元勲によって偏将軍となり、官吏・兵士千人を領した。周峻が卒去すると、全琮が周峻の子周護を将帥に取り立てるよう上表した。孫権は言った。「むかし曹操を敗走させて荊州を開拓したのが、全て公瑾のおかげであることをいつでも忘れたことはない。初めは周峻が亡くなったと聞いて周護を任用しようと思ったのだが、周護の性格や行動が危なっかしく、彼を任用することは災禍を招くことになると聞いて、急遽取り止めたのだ。孤は公瑾を思い出すばかりか、どうして(それだけで)済ませるであろう也?」

魯粛伝

魯粛子敬といい、臨淮東城の人である。生まれてすぐ父を失ったので、祖母と一緒に暮らした。実家は資産に恵まれており、(魯粛は)根っからの施し好きであった。当時、天下は混乱をきたしていたが、魯粛は家業を営もうとはせず、盛大に財貨をばらまいて田畑を売却するようし、そうして困窮した者を救い、士人と交わることに意を注いだため、大いに郷里の歓心が得られた。

周瑜居巣県長になると、数百人を引き連れてわざわざ魯粛を訪れて挨拶し、同時に軍糧提供を求めた。魯家には蔵二つ分の米があって、(蔵一つで)それぞれ三千であったが、魯粛は一方の米蔵を指差して周瑜に与えた。周瑜はますます彼の立派さを思い知り、ついに親しく交わり合って僑・札の契りを結んだ。袁術は彼の名声を聞いて東城県長に任命した。袁術に綱紀がなく、ともに事業を興すことはできまいと見て取った魯粛は、そこで老弱の手を引いて任俠者の少年百人余りを連れ、南進して居巣の周瑜に身を寄せた。周瑜が東岸に渡ったときは彼に同行し、[一]家族を曲阿に残した。ちょうどそのとき祖母が亡くなったので、帰郷して東城に葬った。

[一] 『呉書』に言う。魯粛の体躯は雄々しく立派で、若いころから壮士の節義を持ち、奇計を考えることを好んだ。天下が乱れんとしていたので、撃剣と騎射を学び、若者たちを招き集めて衣食を工面してやり、南方の山中を往来して狩猟を行い、密かに編成を組んで、武術の講義や軍勢の調練を行った。父老たちはみな言った。「魯氏は代を重ねるごとに衰えておったが、とうとうこんな気違い息子が生まれちまった!」のちに群雄たちが次々と立ち上がり、中州が混乱すると、魯粛は家族たちに言い聞かせた。「中国は綱紀を失ってしまい、盗賊どもが暴れ狂っている。淮水・泗水流域は子孫を残せる場所ではない。江東は万里に及ぶ沃野を抱え、民衆は豊かで軍勢は強いとは聞いている。避難するには充分だ。さあ、一緒に連れ立って楽土へ行き、時の変化を見定めようではないか?」彼の家族はみな言い付けに従った。そこで女子供を先に立て、強壮な者が殿軍となって、男女三百人余りで移動した。州庁から騎馬武者たちが追いかけてきたので、魯粛らは移動速度をゆるめて軍勢をまとめ、満を持して(迎撃の構えを取り)彼らに告げた。「卿らは丈夫であって天下の情勢を理解できるはずだ。今日、天下に兵乱が訪れており、功績はあっても褒賞はなく、追跡しなくとも処罰はない。どうして我らを追及するのか?」また自ら盾を立て掛けておき、弓を引いてそれを狙うと、矢は全て貫通した。騎馬武者たちは魯粛の言葉に感銘を受け、そのうえ制御できそうもないと考えられたため、互いに連れ立って帰っていった。魯粛は長江を渡って孫策に会いに行ったが、孫策の方でも彼を立派だと思った。

劉子揚劉曄)は魯粛の親友であったので、彼に手紙を書いて言った。「今や天下に豪傑どもが並び立っており、吾との才覚は今日にこそ相応しい。取り急ぎ帰って老母を迎えられ、東城に滞在して難を避けられますよう。いま近くに鄭宝という者が巣湖におり、軍勢一万人余りを擁して豊饒の地を占め、廬江一帯の人々の多くは彼に身を寄せております。ましてや(才覚ある)吾らならどうでしょうか?彼らの形勢を観察してみるに、ますます(人材を)手広く集められましょう。時機を失ってはなりません。足下も急がれよ。」魯粛はその計略の通りであると返答した。葬儀が済むと曲阿に戻り、北方へ行こうとしたが、ちょうどそのとき周瑜が魯粛の母を連れてに到着しており、魯粛は詳しい事情を周瑜に説明した。当時、孫策はすでに薨去していたが、(その弟)孫権がまだ呉に残っていた。周瑜は魯粛に言った。「むかし馬援は『いま世の中では、ただ君主が臣下を選ぶだけでなく、臣下もまた君主を選ぶのです』と光武劉秀)に答えています。いまご主君は賢者に親しみ士人を尊重され、奇才を入れ異能を取り上げておられます。また吾の聞くところでは、先哲の秘論として、天運を承けて劉氏に代わる者は必ず東南に興るとのことでしたが、情勢を占ってみるに、かのお方こそが暦数に合致しておるのです。最終的に帝業の基を築き、天の意志に適うことでしょう。これぞ烈士が龍鳳にしがみついて奔走するなのです。吾はその時機に出会いました。足下も子揚の言葉を意に介して躊躇なされぬよう。」魯粛は彼の言葉に従った。周瑜はそこで魯粛の才能は天命を補佐しうるものであり、彼のような人材を広く求めて功業を完成すべきです、立ち去らせてはなりませぬと(孫権に告げて魯粛を)推挙した。

孫権はすぐさま魯粛に会って語り合い、大いに満悦した。賓客たちが退出したとき魯粛も辞去したが、そのあと魯粛だけが呼び返され、を間に挟んで酒を飲んだ。そこで(孫権は)密かに諮った。「いま漢室は危殆に傾き、四方は群雲のごとく乱れておるが、孤は父兄の遺業を受け継ぎ、桓・文(春秋時代の桓公文公)の功績を思慕している。ありがたいことに君がいてくれるのだが、どうやって助けてくれるのかな?」魯粛は答えた。「むかし高帝劉邦)が微力だったとき、義帝にお仕えしようとして叶わなかったのは、項羽が害をなしたからでした。今の曹操がちょうど昔の項羽に当たります。将軍がどうして桓・文になりえましょうか?魯粛が密かに思料いたしまするに、漢室を復興することも、曹操を即座に除去することも不可能であります。将軍の御為にお計り申し上げますれば、ただただ江東に鼎足を構えて天下の隙を窺うのみであります。そのように基準を設けますれば、もう戸惑うことはございません。何故だかお分かりになりますか?北方はまことにもって多忙であるからです。その多忙に乗じて黄祖を滅ぼし、劉表を征伐し、最終的に長江を北限として割拠し、これを領有され、しかるのち帝王を称して天下を攻略する。これこそが高帝の事業なのであります。」孫権は言った。「今は一地方で手一杯。漢家をお助けできればと願うのみであって、そのようなことは及びもつかないよ。」張昭は魯粛の謙遜ぶりが足りないとけちを付け、しきりに彼を中傷し、魯粛は年若く粗忽者なので任用するのは時期尚早だと述べた。孫権は意に介することなく、ますます彼を尊重し、魯粛の母には衣服・幃帳を下賜し、住居の調度品の豊かさは元通りになった。

劉表が死去したので、魯粛は進み出て説いた。「そもそも荊楚荊州)は我が国と隣接しており、川の流れは北方に通じ、外は長江・漢水を帯び、内は山岳に阻まれ、金城のごとき堅固さ、万里に広がる沃野、富み栄えた士民を有しております。この地を占拠し、領有することができますれば、それが帝王の元手となるのです。いま劉表が死亡したばかりですが、二人の子は普段から仲が悪く、軍中の諸将はおのおのが両派に分かれております。しかも劉備は天下の梟雄であり、曹操と仲違いして劉表の元に寄寓しておりましたが、劉表は彼の才能を憎んで任用することができませんでした。もし劉備が彼らと心を合わせて君臣が一致団結しておれば、手懐けて同盟を結ぶのが宜しゅうございます。もし離違しておれば、彼らと手を切って征服し、大事業を完遂なさるのが宜しゅうございます。魯粛はご下命を奉じて劉表の二子に弔意を伝え、同時にその軍中で役立つ者を慰労したく存じます。劉備には劉表軍を手懐けて心を合わせ、共同して曹操を討伐するよう説得いたしますれば、劉備は必ずや喜んで言い付けに従うでありましょう。それがうまくいけば天下を平定することができるのです。いま急いで行かなければ、おそらく曹操に先手を打たれてしまいましょう。」孫権はすぐさま魯粛に出立させた。夏口に到達したとき、すでに曹公(曹操)が荊州に向かっていると聞き、(魯粛は)昼夜兼行で急いだ。南郡に到達したころには劉表の子劉琮はすでに曹公に降伏しており、劉備は慌てふためいて遁走し、長江を南へ渡ろうとしていた。魯粛は彼を出迎えるべく直行して当陽長阪に行き着き、劉備と会見して孫権の令旨を宣騰した。江東の強固さを述べ、孫権と協力するよう劉備に勧めると、劉備はいたく喜んで満足した。このとき諸葛亮が劉備に付き従っていたが、魯粛は諸葛亮に「子瑜(諸葛亮の兄諸葛瑾)の友人であります」と告げ、その場で結束を固めた。劉備はそのまま夏口に行き、諸葛亮を孫権への使者に立てたが、魯粛もまた復命した。[一]

[一] 臣裴松之は考える。劉備が孫権と協力して一緒に中国へ抵抗したのは、すべて魯粛の本来の計略であった。また諸葛亮に「我は子瑜の友人であります」と語っているのだから、諸葛亮もすでに魯粛の意見を聞いていたことになる。それなのに『蜀書』諸葛亮伝では「諸葛亮が連衡の計略を孫権に説くと、孫権は大いに喜んだ」と言っており、あたかもその計略は諸葛亮が創始したかのようである。両国の史官がおのおのの見聞を記し、自国の優位を称揚して競い合い、それぞれがその手柄を奪い合っているかのようだ。今この二書は一人物から同時に出たものなのに、これほどまで食い違っている。著述として体をなしていない。

そのころ孫権は曹公が東進しようとしているとの風聞を聞き、諸将たちと協議したが、みな彼を出迎えるよう孫権に勧めた。魯粛は一人だけ何も言わない。孫権が更衣に立つと魯粛が宇下まで追いかけてきたので、孫権は彼の意図を察知し、魯粛の手を取って言った。「には何か言いたいことがあるのかい?」魯粛は答えた。「先ほどの衆人の議を観察いたしますと、どれも将軍を誤らせるものばかりで、ともに大事を図るに足りません。いま魯粛は曹操を迎えても構いませんが、将軍にとっては宜しくありません。何故そう言えるのでしょう?いま魯粛が曹操を出迎えれば、曹操は魯粛を郷里に帰すことでしょうが、名望・位階を格付けすれば最低でも下曹従事を下回ることはなく、犢車に乗って官吏・士卒を従え、士林を交遊し、任官を重ねればまず州郡(の長官)を下回ることはないのです。将軍は曹操をお迎えするとして、どこに身を寄せるおつもりなのですか?どうか早く大計を定め、衆人の議を用いられませぬよう。」孫権は歎息しながら言った。「あの方たちの提議は随分とを失望させた。いま卿は大計を展開してくれたが、まさしく孤と一致するものである。これは天が卿を我に賜ってくれたのだ。」[一]

[一] 『魏書』および『九州春秋』に言う。曹公が荊州を征討すると、孫権は大いに恐懼した。魯粛は内心、曹公を防ぐよう孫権に勧めるつもりであったが、孫権を挑発するように説得した。「かの曹公なる者は実に手強い敵でありまして、新たに袁紹を併合したばかりのこととて兵馬はいたって精強、戦勝の勢いに乗じて混乱した国を伐ちますので勝利は万全なのであります。軍勢を派遣して彼を支援し、同時に将軍のご家族をへお送りするに越したことはございません。さもなくば危険がやって参りましょうぞ。」孫権は激怒して魯粛を斬ろうとした。魯粛はそこで言った。「いま事態は危急を告げておりますゆえ、すぐさま別の方策を講じねばなりません。どうして軍勢を派遣して劉備を支援しようともせず、我を斬りなさるのですか?」孫権はその通りだと思い、そこで周瑜をやって劉備を支援させた。孫盛は言う。『呉書』および『江表伝』には、魯粛が初めて孫権と会見したとき、すでに曹公を防ぐべきと説いて帝王の計略を論じており、劉表が死ぬと、またも使者を立てて情勢を観察するよう要請したとあり、今さら意見を変えて曹公の出迎えを勧めて挑発することなどありえないのである。しかも、このとき出迎えを勧める者は数多くいたのに、そのくせ魯粛一人を斬ろうとしたなどと言うのは、その論理に合わぬことである。

そのとき周瑜は使命を受けて鄱陽に行っていたので、魯粛は追って周瑜を徴し返すよう勧めた。かくて周瑜に軍務遂行を委任し、魯粛を賛軍校尉として戦略立案を補佐させた。曹公が敗走すると、魯粛はすぐさま一足早く帰国した。孫権は諸将を総動員して魯粛を出迎える。魯粛が門に入って拝礼しようとすると、孫権が立ち上がって彼に敬礼し、そして言った。「子敬よ、孤が鞍を手に下馬して出迎えたならば、卿を充分に顕彰したといえるだろうか?」魯粛は走り出て言った。「まだまだですな。」人々にそれを聞いて愕然としない者はない。座に着いたのち、(魯粛は)ゆっくりと鞭を挙げながら言った。「願わくば至尊よ、威徳を四海に加えて九州を総括され、よく帝業を打ち立て、改めて安車・軟輪をもって魯粛を徴されよ。そうして初めて顕彰したことになるのでございます。」孫権は手を叩いて愉快げに笑った。

のちに劉備がに参詣して孫権にまみえ、荊州を都督(監察)したいと求めたとき、(諸将は反対したが)魯粛だけは彼に貸してやって共同して曹公に対抗せよと孫権に勧めた。[一]曹公は孫権が土地でもって劉備を支援したと聞くや、ちょうど手紙を書いていたところであったが、筆を地べたに落としてしまった。

[一] 『漢晋春秋』に言う。呂範は劉備を足止めするよう勧めたが、魯粛は言った。「なりませぬ。将軍は神武命世のお方とはいえ、曹公の威力は実に重大でございますし、まだ荊州に臨んだばかりで恩寵信義はまだ広まっておりません。劉備に貸してやって慰撫させるのがよろしゅうございます。曹操の敵を増やす一方、こちらで仲間を作るのが上計なのであります。」孫権はすぐさまそれを聞き入れた。

周瑜は病気にかかり、そこで上疏して言った。「いま天下に事変が起ころうとしており、それが朝から晩まで周瑜の心底憂慮していることです。どうか至尊におかれましては、まず事態の勃発せぬうちに備えられ、それからのちお楽しみ遊ばしませ。いま既に曹操と敵対なさっており、劉備は近く公安に駐在して国境を接しており、百姓たちはまだ懐いておりませぬから、良将を手に入れてその地を鎮撫されるべきです。魯粛の智略は任務を遂行するに充分でございますので、なにとぞ周瑜の後任としてくださいますよう。(さすれば)周瑜の死んだ日でも思いを残すことはないのでございます。」[一](孫権は)すぐさま魯粛を奮武校尉に任じ、周瑜の後任として軍勢を宰領させた。周瑜の将兵は四千人余りおり、奉邑は四県であったが、すべて彼に属すことになった。程普には南郡太守を領させた。魯粛は初め江陵に着任し、のちに引き揚げて陸口に屯したが、威信恩恵は大いに広まり、軍勢は一万人余りも増えた。漢昌太守・偏将軍を拝受する。十九年、孫権に従軍して皖城を破り、横江将軍に転任した。

[一] 『江表伝』は、むかし周瑜は病気が重くなったとき、孫権に送った手紙を載せている。「周瑜は凡才でありながら、むかし討逆(孫策)さまより特別待遇をお受けし、腹心のごとく用いられ、とうとう栄誉と任務を授かって兵馬を統御することになりました。(それゆえ)鞭とを手にして軍務で手柄を立てたいものと念願したのでございます。巴蜀を平定し、続いて襄陽を奪うことは、ご威光を奉ずるならば手中にあるも同然でありますが、不養生がたたって道中で病気にかかる羽目となり、先日より医療を受けているものの、日に日にひどくなって快復いたしません。人生には死というものがあって長短は運命なのでありますから、誠に惜しむに足りません。ただ一つ、ささやかな志を遂げて、再びご命令を奉ずることができないことだけが恨めしく思われるのです。今まさに曹公が北方にいて国境地帯は静謐ならず、劉備が寄寓して虎を養うかのような風情であり、天下のことは、未だどう決着するとも知れません。これこそ朝廷の人士が食事をらす秋、至尊の叡慮を垂れたまう日なのでございます。魯粛は忠烈にして、職務に臨んでは手加減をいたしませんから、周瑜の後任になさるべきであります。人の死せんとするや、その言や善し(と申します)。もし(周瑜の言葉を)お取り上げ頂けたならば、周瑜は死すとも不朽でございます。」思うに、この手紙は本伝に載せるものと主旨が同じで、その言葉遣いが乖離しているだ。

話はさかのぼる。益州牧劉璋の綱紀が緩みきっていたため、周瑜・甘寧は口を揃えてを攻略せよと孫権に勧めたことがあるが、孫権がそれを劉備に相談すると、劉備は内心、我が物にしたく思っていたので偽りの返答をした。「劉備と劉璋とは宗室の努めとして、英霊におすがりして漢朝を正したいと念願しておりました。いま劉璋は畏れ多くも罪を犯し奉り、劉備はひとり震え上がっており、あえて奏聞いたすわけでもございませぬが、ご寛恕を加えられればと願っております。もしご宥免いただけぬなら、劉備は髪をほどいて山林に帰らねばなりませぬ。」のちに劉備は西進して劉璋を陥れ、関羽を守りに残した。孫権は言った。「狡猾な奴め、詐術を弄しおったわ!」さて関羽と魯粛が境界を接するようになると、しばしば疑念が生じ、国境地帯でごたごたが起こったが、魯粛はつねに友好的な態度でそれを鎮めた。劉備が益州を平定したとき、孫権は長沙・零・桂を要求したが、劉備は申し入れを承諾しなかった。孫権は呂蒙をやって軍勢を率いて奪いに行かせた。劉備は(それを)聞き、自身は公安に引き返し、関羽を派遣して三郡を競わせた。魯粛は益陽に布陣して関羽と対峙した。魯粛は関羽を招いて会見し、おのおの兵馬は百歩後ろに控えさせ、ただ将軍だけが刀一振りを帯びて会談に臨むよう申し入れた。魯粛はそこで関羽を責めなじり、言った。「もともと国家が心を砕いて卿の家に土地をお貸ししたのは、卿の家の軍勢が敗れて遠方から来られ、元手を失ったものと思し召されたからである。いま益州を手に入れたにもかかわらずご奉還なさろうとの意志もなく、ただ三郡を要求しただけでもやはりご命令に応じられないとは。」言葉がまだ終わらぬうち、坐中の一人が言った。「そもそも土地というものは徳のあるところに行き着くのだ。恒久的な所有権なぞあるものか!」魯粛は声を荒げてその者を叱りつけ、言葉も顔色もきわめて厳しかった。関羽は刀を取って立ち上がりながら「これはもとより国家のこと。これなる人物の分かることではない!」と言い、睨みつけてその者を追い出した。[一]劉備は結局、湘水を区切って境界とし、それが済んでから軍勢を収めた。

[一] 『呉書』に言う。魯粛が関羽と会談しようとしたとき、諸将は変事が起こるのを懸念して赴くべきでないと提言した。魯粛は言った。「今日の事態については、お互い腹を割って話し合わねばならん。劉備は国事を背負っていて、いまだに是非も定められぬのに(?)、どうして関羽がまた重ねて命令に楯突いたりできようか!」そこで関羽のところへ出向いていった。関羽は言った。「烏林の戦役では、左将軍(劉備)は軍中に身を置いて、寝るときも具足を解かず、協力してを打ち破ったものでした。どうして無駄骨を折って一塊の壌地もなく、そのうえ足下が来られて土地を搾取しようとなさるのか?」魯粛は言った。「左様ではござるまい。もともと長阪において予州(劉備)に参観したとき、予州の軍勢は一校(一部隊)にも満たず、計略思慮は尽き果てて戦意気勢は打ち砕かれ、遠くへ逃げ隠れすることを考えておって、到底そこまでは望んでおられなかった。主上は予州が身の置き場もないのを憐れみ賜い、土地や士人の力を惜しまれず、落ち着きどころを持たせて庇護を加え、その困難を救済されたのである。しかるに予州は私独して気持ちを偽り、恩義に背いて好意をりになさる。いま既に西州(益州)を(我が身の)支えとなさったのに、そのうえ荊州の地までも切り取ろうとは。こんなことは凡夫ですら忍びがたい行為であって、ましてや人物を統率する主のなさることでしょうか!貪欲を働いて義を棄てるのは、必ずや災禍を招く前段階だと魯粛は聞いております。吾子は重任を担当されながら、分を弁えて道義を守り、義を奉じて御代を輔弼することもおできにならず、そのくせ軟弱な軍勢を頼りにして力比べをしようと思っておいでだが、部曲が腰砕けになっておるのに、どうやって成果を出すおつもりか?」関羽はそれに答えなかった。

魯粛は齢四十六で、建安二十二年(二一七)に卒去した。孫権は哀悼を捧げ、また親しく彼の亡骸に対面した。諸葛亮もやはり彼のために哀悼を捧げた。[一]孫権は尊号を称えて壇上に昇ろうとしたとき、公卿たちを振り返って言った。「むかし魯子敬はいつもここへと導いてくれていた。時勢に明らかであったと言えるだろうな。」

[一] 『呉書』に言う。魯粛の人となりは謹厳で着飾ることは少なく、公私にわたって倹約に努め、低俗な趣味には手を染めなかった。軍勢を統率してもよくまとまり、禁令は必ず施行され、陣中にあっても巻物を手放すことはなかった。また談論が得意で文章が巧く、思慮は遠大で人一倍の聡明さを持っていた。周瑜以後の世代では魯粛が随一の人物であった。

魯粛の遺腹の子魯淑が壮年に達すると、濡須督張承は、最終的に(魯淑が任命を受けてこの地に)到来するだろうと言った。永安年間(二五八~二六四)になって昭武将軍・都亭侯・武昌督となり、建衡年間(二六九~二七二)にはされ、夏口督に昇進した。任地では厳正で要領を弁えていた。鳳皇三年(二七四)に卒去し、子の魯睦が爵位を襲い、兵馬を拝領した。

呂蒙伝

呂蒙子明といい、汝南富陂の人である。幼いころ南方へ渡り、姉の夫鄧当に身を寄せた。鄧当は孫策の将としてしばしば山越を討伐していたが、呂蒙は十五・六歳のとき、内緒で鄧当の賊徒攻撃に付いていった。鄧当は振り返ったとき(彼の姿を)見付けて大いに驚き、叱り飛ばしたものの聞き分けがなかった。(鄧当は)帰国したとき呂蒙の母に告げると、母は怒って彼にお灸を据えようとした。呂蒙は言った。「貧しさ賤しさには我慢なりません。うっかり間違って功績を立ててしまっても富貴はやってくるのです。虎穴を探らずしてどうして虎子を得られましょうか?」母は哀れに思って彼を許すことにした。そのころ鄧当配下の官吏が、年少であった呂蒙を軽んじて「かの豎子に何ができると言うんだ?あんなのは肉を虎にくれてやるようなものだぞ」と言った。後日、呂蒙と顔を合わせることがあったので、またも彼を蚩辱した。呂蒙は激怒し、刀を抜いて官吏を殺して出奔、邑子(同郷)の鄭長の家に逃げ込んだ。(しばらくして)出ていき、校尉袁雄を介して自首した。間に立って取りなす者がいたので、孫策は彼を引見したが、彼の非凡さを知って左右(側近)の座に据えた。

数年して鄧当が死去すると、張昭が鄧当の後任として呂蒙を推薦したので、別部司馬を拝命した。孫権は事業を統括するようになると、群小の部将たちのうち兵が少ないためあまり役立たない者たちを選び、それらを統合してしまおうと考えた。呂蒙は密かにかけで買って兵士のために赤い上着と行縢を揃えた。点検の日、(呂蒙の)陣列は赤々と輝き、兵士はよくよく調練されていた。孫権はそれを見て大いに喜び、彼の軍勢に(群小の部将たちを)加増してやった。丹陽討伐に従軍して行く先々で功績を立て、平北都尉を拝命し、広徳県長を領した。

黄祖征討に従軍したとき、黄祖は都督陳就に出陣を命じて水軍で迎撃させた。呂蒙は先鋒を率い、その手で陳就の首級を挙げ、将兵たちは勝利に乗じて敵城へと攻め寄せた。黄祖は陳就が死んだと聞いて城を棄てて逃げ出したが、兵士たちが追いかけて彼を捕捉した。孫権は言った。「作戦の成功は、陳就を先に手に入れたおかげだ。」呂蒙を横野中郎将とし、銭一千万を賜った。

この歳、また周瑜・程普らとともに西進して烏林曹公曹操)を打ち破り、南郡曹仁を包囲した。益州の将襲粛が軍を挙げて帰参したので、周瑜は襲粛の軍勢を呂蒙に加増するようにと上表したが、呂蒙はしきりに襲粛には度胸があって有能であると称賛し、それに教化を慕って遠来したのだから、道義的にも加増してやるべきであって没収してはならないといった。孫権はその言葉を称え、襲粛の兵を返してやった。周瑜は甘寧を派遣して事前に夷陵を占拠させていたが、曹仁が軍勢を分けて甘寧を攻撃させたので、甘寧は苦境に立たされ、使者をやって(周瑜に)救援を求めさせた。諸将は軍勢が少ないため分遣させられないと言ったが、呂蒙は諸将に告げた。「淩公績淩統)を残し、呂蒙と君らとで行けば、包囲を解いて窮地を救うのも勢いからいってそう時間はかかりません。呂蒙は公績が十日間守りきれることを保証しましょう。」さらに、三百人を分遣して狭い道を塞いでおけば、賊軍が逃走したとき彼らの馬を手に入れられるでしょうと周瑜を説得した。周瑜はそれを聞き入れた。軍が夷陵に到着したその日のうちに交戦となり、殺したのは(敵兵の)半数以上になった。敵軍は夜中に遁走したが、道が塞がれているのにぶつかり、騎兵たちはみな馬を捨てて徒歩で逃げていった。(呉の)兵士たちが追いすがって攻撃し、馬三百匹を手に入れたので大船に載せて引き揚げた。このことから将兵の形勢は自ずと倍増したので、長江を渡って屯所を立て、互いに攻撃し合ったところ、曹仁は退却していった。(呉の軍勢は)そのまま南郡を占拠して荊州を鎮定した。帰還すると偏将軍を拝命し、尋陽県令を領した。

魯粛が周瑜の後任として陸口に赴任することになったとき、呂蒙の駐屯地の側を通りがかった。魯粛の気持ちではまだ呂蒙を軽蔑するところがあったが、ある者が「呂将軍の功名は日ごと顕著になっており、昔の気持ちで接せられてはなりません。君よ、それをご考慮なされませ」と魯粛に説いたので、呂蒙の元へ挨拶に立ち寄った。酒宴が酣になると呂蒙が魯粛に訊ねた。「君は重任を授かって関羽と隣接されることになりましたが、さて、どのような計略によって不慮の事態に備えておいでなのです?」魯粛は口先だけで答えた。「その時になったら考える。」呂蒙が言った。「いま東西は一つの家族になりましたが、関羽の実態は熊虎そのものです。どうして計略をあらかじめ定めておかずにいられましょうか?」そこで魯粛のために五つの策略を立ててやった。魯粛はいきなり席を立って彼の側へ行き、その背中を叩きながら言った。「呂子明よ、の才略がこれほど行き届いているとはは知らなかったよ。」かくて呂蒙の母に拝礼し、朋友の契りを結んでから別れた。[一]

[一] 『江表伝』に言う。むかし孫権は呂蒙と蔣欽に告げた。「卿がたはいま揃って当塗(要職)に就いて事務を司ることになったのだから、学問をやって自分の見識を広めるべきだぞ。」呂蒙が言った。「軍中ではいつも多忙に追われ、読書できないのではないかと心配です。」孫権は言った。「がどうして卿がたに経典を修めて博士になってもらいたいと望むだろうか?ただ渉猟して過去の事を知ってもらいたいだけなのだ。卿は多忙と言うたが孤と比べてどうじゃ。孤は若いころ『詩経』『尚書』『礼記』『左伝』『国語』を渡り歩き、読んでないのは『周易』くらいだ。事業を統括するようになって以来、三史や諸家の兵書を精読し、自分では裨益するところ大だと思っておる。卿がた二人は意志も性質も明朗であるから、学べば必ず身に付けられるであろうに、どうしてしないでいられようか?取り急ぎ『孫子』『六韜』『左伝』『国語』および三史をお読みなさるとよい。孔子も『ひねもす食わず、よもすがら寝ずに思いを馳せても無益である。学ぶに越したことはない』とおっしゃっているし、光武は兵馬の務めに際しても手から巻子を離さなかった。孟徳(曹操)もまた年老いてから学問を好むようになったと自分で言っている。卿がただけがどうしてご自身を勉励なさらないのか?」呂蒙はそこで初めて学問に就いたが、丹誠をこめて倦むことなく、彼の読んだところは根っからの儒者でも敵わなくなった。のちに魯粛が周瑜の後任として(長江を)遡上し、呂蒙の元に立ち寄って議論したが、ずっとやりこめられそうな状態だった。魯粛は呂蒙の背中を叩きながら言った。「吾は大弟どのがただ武略しか持っておらぬと思っておったが、今となっては、学識は広く明るく、もうの城下の阿蒙ではなくなってしまったのう。」呂蒙は言った。「士たる者は別れて三日になれば、目をこすって気持ちを新たに向き合うべきなのです。大兄の先ほどのお言葉、なにゆえ一々穣侯と同じなのでありましょうか。はいま公瑾(周瑜)の後任となり、ただでさえ引き継ぐのは困難でありますのに、そのうえ関羽と隣接なさるのです。かの人物は長じてから学問を好み、『左伝』を読んでほとんど全部を口に出すことができ、剛直で雄大な気迫を持っておりますが、その一方で自負心が非常に強い性格で、他人の上に立つことを好みます。いま彼と向き合うことになったのですから、単複を備えて彼に卿待すべきです。」密かに魯粛のために三つの策略を披露してやると、魯粛は恭しくそれを傾聴し、秘して他言しなかった。孫権はつねづね歎息して言っていた。「人間たる者は長ずるとともに向上してゆくものだが、呂蒙・蔣欽ほどには及ばないだろう。富貴と名声を手に入れながら、なおも誇りを捨てて学問を好み、書伝を楽しみ、財貨を軽んじて道義を尊ぶ。行動は慕うべき規範となり、いずれも国士となった。なんと立派なことではないか!」

そのころ呂蒙は成当・宋定・徐顧と屯所が近かったが、三将が死んだとき(彼らの)子弟は幼少であったので、孫権は軍勢をことごとく呂蒙に統合しようとした。呂蒙は固く辞退し、徐顧らはみな国事に尽力いたしましたので、子弟が幼いとはいえ廃してはなりませぬと陳情した。上書が三度に及んで、孫権はようやく聞き入れた。呂蒙はそこで彼らのために師を選んでやって教導させた。彼が他人の心をつかむ様子はおおかたこんな具合であった。

廬江謝奇蘄春典農としての農村に屯させていたが、(謝奇は)しばしば辺境で災いをなしていた。呂蒙は人をやって彼を招いたが、言うことを聞かなかったため隙を窺って襲撃を加えると、謝奇はすくみ上がり、その部曲孫子才・宋豪らは、みな老人の手を引いたり子供を背に負ったりして呂蒙の元に降服してきた。のちに孫権に従軍して濡須において曹公を防いだが、たびたび奇計を進言し、さらに河口を挟んでを築くよう孫権に勧めた。防備はきわめて厳重になり、[一]曹公は陥落させることができず撤退した。

[一] 『呉録』に言う。孫権は塢を築きたいと考えていたが、諸将はみな「岸に上がって賊を撃ち、足を洗って船に入るまでのことです。塢を築いたとて何の役に立ちましょう?」と言った。呂蒙は言った。「勢いにも鋭いときと鈍いときがあり、戦いに百戦百勝はあり得ません。もし何かのはずみで敵軍の歩騎が我らに迫り、川に入る暇もないとなれば、どうして船に入ることができましょうか?」孫権は「よい考えだ」と言い、かくてこれを築いたのである。

曹公は朱光を廬江太守として皖に屯させ、盛んに稲田を開拓していたが、また間者に命じて鄱陽賊の統帥を誘い、内応させようとしていた。呂蒙は言った。「皖の稲田はよく肥えておりますゆえ、一度の収孰があれば奴らの軍勢は必ず増大いたします。それが数年も続くならば、曹操は本性をむき出しにしてくるでしょう。早急に除去すべきです。」そこでつぶさに現状を報告した。これにより孫権は皖へと親征することとし、諸将を引見して計策を問うた。[一]呂蒙はそこで甘寧を升城督に推薦して最前線で攻撃を指揮させ、呂蒙が精鋭を率いて後詰めにあたる(という作戦を進言した)。朝早く進攻を開始し、呂蒙がその手に枹を取って太鼓を打つと、士卒たちはみな奮い立って我先にと(城壁を)昇ってゆき、食時(わずかな時間)ほどで打ち破った。そのあと張遼夾石まで駆け付けて来たが、城がすでに陥落したと聞いて引き揚げていった。孫権はその功績を褒め称え、即日、廬江太守に任命、鹵獲した人馬をすべて彼に分け与え、それとは別に尋陽の屯田兵六百人、属官三十人を下賜した。呂蒙が尋陽に帰国して一年と経たぬうちに廬陵の賊徒が蜂起し、諸将が討伐にあたったが捕らえることができなかった。孫権は「百羽の鷙鳥(猛禽)を集めても一羽のには敵わない」と言い、改めて呂蒙に征討させた。呂蒙は着陣すると、その首魁だけを誅殺し、残りはみな釈放して平民に戻してやった。

[一] 『呉書』に言う。諸将はみな土山を築いて攻具(攻城兵器)の数に入れるべきと勧めたが、呂蒙が走り出て言った。「攻具として土山まで揃えるとなれば、きっと完成までに何ヶ月もかかります。城内の防備はすっかり堅固となり、外部の救援もかならず到着し、攻略できなくなってしまいましょう。それに雨に乗じて(水位の高まったところを船で)進入いたしましたが、ぐずぐずと日にちを重ねるならば、水位はすっかり引いてしまって帰途に難渋することになります。呂蒙は密かにそれを心配いたします。いまこの城を観察してみたところ、堅固さを極めたものではございません。三軍の鋭気に乗じて四方から一斉に攻めかければ、時を移さずして陥落させられましょう。(そして)水量を利用して帰還いたしますのが、完勝の道でございます。」孫権はそれを聞き入れた。

当時、劉備は関羽を押さえとして荊州を独占していた。孫権は西征して長沙・零・桂三郡を奪取するよう呂蒙に命じた。呂蒙が檄を飛ばすと、二郡は噂を聞いただけで帰服してきたが、零陵太守郝普だけは城郭に楯籠って降服しなかった。しかも劉備自身がを出立して公安へ着陣、関羽を出して三郡を争わせた。孫権はこのとき陸口にあり、魯粛に一万人を率いさせ、益陽に屯して関羽に対抗させた。そして書状を飛ばして呂蒙を召し返し、零陵を放棄して直ちに帰還し、魯粛を支援するようにと命じた。もともと呂蒙は長沙を平定したのち、零陵を目指してを抜け、南陽鄧玄之を車に載せて、鄧玄之は郝普の旧知なのであるが、郝普を誘降させるつもりであった。(孫権からの)書状が届いて帰らなければならなくなったが、呂蒙はこれを伏せ、夜中に諸将を召し出して計略を授け、夜明けとともに城へ攻めかからせた。振り返って鄧玄之に言った。「郝子太(郝普)は世間で忠義者として知られ、彼自身もそうあろうと努めておるのだが、ただ時宜を心得ておらんのだ。左将軍(劉備)は漢中にあって夏侯淵に包囲され、関羽は南郡にあって、いま至尊(孫権)が直々にお出ましになっている。近くでもの本営が破られ、酃を救おうとしたところを逆に孫規に打ち破られた。これらはみな目前に起こったことであって、君自身が見聞したものである。彼は今まさに逆しまに吊し上げられているところで、(自分の)命を救うことさえままならないのに、そんな真似をする余力などどこにあろうか?いま吾らの士卒は精鋭であり、一人ひとりが命懸けの覚悟を固め、至尊のお遣しになった軍勢は続々と行軍の途に就いておる。いまは今日明日の命であるのに、あてにならぬ救援を待っており、あたかも牛の蹄の(跡にできた水たまりにいる)魚が長江や漢水に希望をつなぐようなものであって、それが頼りないことであるのは明らかではないか。もし子太が士卒の心を一つにして孤立した城を守り続け、今日明日(の落城)を先延ばしにして待ち人が来るというのであれば、まあよいだろう。いま吾は戦力を比較して計画を練り、その上でこの城を攻めておる。日を移さずして城が破られるのは必定である。城が破られれば、身は死して忠義立てするにも何の役にも立たず、しかも百歳の老母を白髪ながらに誅殺させることになるのだ。痛ましいことではないか?忖度するに、かのは外部からの音信が途絶えておるため救援があてになると考え、それゆえこのような事態に陥っているのだろう。君があれに会って利害を説明してやってくれないか。」鄧玄之が郝普に会ってつぶさに呂蒙の考えを伝えると、郝普は恐怖を抱いてそれを受け入れた。鄧玄之が先に出ていって呂蒙に報告し、郝普が少ししてから出頭することになったが、呂蒙はあらかじめ、それぞれ百人づつを選抜して、郝普が出てきたら、すぐさま突入して城門を固めてしまうようにと四人の将に命じておいた。しばらくして郝普が城を出てくると、呂蒙は出迎えてその手を執り、一緒に下船した。話し合いが終わってから、(孫権からの)書状を取り出して彼に見せ、手を打って大笑いした。郝普は書状を見て、劉備が公安に、関羽が益陽にあることを知って、恥ずかしさと怒りを募らせて地べたにぶっ倒れた。呂蒙は孫河を残して戦後処理を委ね、その日のうちに軍をまとめて益陽に向かった。劉備が盟約締結を求めてきたので、孫権は郝普らを帰国させ、湘水で分割して零陵を返してやった。(孫権はまた)尋陽・陽新を呂蒙の奉邑とした。

軍は帰還すると、その足で合肥を征討したものの、(勝利を得られず)撤退することが決まった。(そこへ)張遼らが襲来し、呂蒙は淩統とともに決死の覚悟で(孫権を)守護した。のちに曹公がまたもや濡須へ大々的に乗り出してきたので、孫権は呂蒙をとして以前作った塢に楯籠らせ、強弩一万張をその上に設置して曹公を防がせた。曹公の先鋒がまだ布陣を終えないうちに呂蒙が攻撃をかけて打ち破ったため、曹公は引き揚げていった。呂蒙を左護軍・虎威将軍に任命した。

魯粛が卒去すると、呂蒙が西上して陸口に屯し、魯粛軍の人馬一万余りはことごとく呂蒙に属すことになった。さらに漢昌太守を拝命し、下雋・劉陽・漢昌・州陵んだ。関羽と隣接して領土をめぐって対峙したが、関羽が驍雄でありながら兼併せんとの野心を持ち、加えて上流に国を構えている情勢からいって、(両国の友好関係も)そう長くは続くまいと思われた。当初、魯粛らは、曹公がなお健在で国難も始まったばかりのこととて、互いに協力し合って敵視する先を共有すべきであり、(相手国との関係を)手放してしまってはならぬと主張していた。呂蒙はそれを受けて密かに計策を開陳した。「いまこそ征虜孫皎)に南郡を固めさせ、潘璋白帝に留め、蔣欽が遊軍一万人を率いて、長江に沿って上り下りしつつ敵があれば応戦し、呂蒙は国家(孫権)の御為に先駆けとして襄陽を占拠いたします。かようにいたせば、どうして曹操を恐れ、関羽を頼りにする必要がありましょうか?しかも(劉備と)関羽の君臣は詐術と武力を自負し、至るところで裏切りを繰り返しており、腹を割って待遇することはできません。いま関羽がとっとと東方へ向かわずにいるのは、至尊が英明でおわしますうえ呂蒙らがまだ健在だからなのです。いま(我々が)強壮なうちに奴めを始末しておかねば、いずれ僵仆したとき、武力を用いようとしても叶うものでありましょうか?」孫権は深くその策略を受け入れ、また重ねて徐州攻略の考えについても試しに提案してみた。呂蒙は答えて言った。「いま曹操は遠く河北にいて新たに氏たちを打ち破ったばかりのことで、幽州・冀州を慰撫して招集をかけておりますが、まだ東方を振り返る余裕はございません。徐州地方を守る軍勢は不足しているとの情報を聞いておりますので、出征すればまず勝利を収められましょう。しかしながら(徐州の)地勢は陸路が通じて驍騎の走りまわるところであり、至尊が今日、徐州を手に入れられても、曹操は十日後には必ず奪いに参りましょうから、七・八万人でこの地を守ったとしてもまだ心配の残るところです。関羽を討ち取って長江を完全に占拠し、形勢を伸張させるに越したことはございません。」孫権はいたくその言葉が当を得ていると思った。呂蒙は魯粛に交代した当初、陸口まで行き、表面上は恩義厚礼を倍して関羽と友好を結んだ。

のちに関羽は樊討伐に出かけるとき、軍勢を残して公安・南郡を守備しようとした。呂蒙は上疏して言った。「関羽が樊討伐にあたって多数を守備兵に残しているのは、きっと呂蒙がその背後を襲うことを恐れているからでありましょう。呂蒙はずっと病気にかかっておりますゆえ、軍勢を分けて治療を名目に建業へ帰還いたしたく存じます。関羽がそれを聞けば必ずや守備兵を引き揚げ、総員で襄陽に向かうはずです。(それを見計らい)大軍を長江に浮かべて昼夜兼行で遡上し、奴めの虚を突けば、南郡を陥落させて関羽を生け捕りにすることができましょうぞ。」こうして病気が危篤になったと称し、孫権が封をしない書状を回して呂蒙を召し返すと、密かに計画を練った。関羽は案の定それを信じ込み、少しづつ軍勢を引き揚げていって樊へと向かわせた。魏は于禁をやって樊を救援させたが、関羽はことごとく于禁らの人馬数万人を捕らえ、食糧欠乏にかこつけて湘関の米を勝手に盗み取った。孫権はそれを聞くと、ついに進攻を開始し、まず呂蒙を先発させた。呂蒙は尋陽まで来ると、精兵をことごとくコウロクの船内に伏せておき、白衣の者に櫓を漕がせて商人の衣服を着せ、昼夜兼行し、関羽が長江沿いに設置した監視台まで来るたび、残らず縛り上げてしまった。そのため関羽は気付かなかったのである。ついに南郡に到達し、士仁・麋芳はいずれも投降した。[一]呂蒙は城内に入って拠点を構え、関羽および将兵の家族を残らず手に入れると、みな慰撫してやって、軍中に命じて人家に侵入させたり略奪させたりはいたしませぬと約束した。呂蒙の麾下の兵士に汝南の人があって、民家から笠一つを取り立てて官の鎧を覆った。官の鎧は(私物ではなく)公共物であったが、呂蒙はそれでも軍令に違反したからには郷里(の人)といえども法を廃することはできぬとして、涙を流しながらその者を斬首した。このことから軍中は戦慄し、路上にあっても落ちている物を拾わなくなった。呂蒙は日が昇ってから沈むまでずっと側近を遣して長老たちを慈しみ、不足しているものはないかと訊ね、病人には医薬を支給し、飢え凍えている者には衣服と食糧を賜与した。関羽の倉庫には財宝が保管されていたが(勝手に分配することはなく)、全て封鎖して孫権の到着を待った。関羽は(樊から)引き返し、道中で何度も人をやって呂蒙と連絡を取り合ったが、呂蒙はその都度、使者を厚遇しつつも、城内をめぐり歩いて家々を訪問し、時には直筆の書状によって信義を明らかにした。関羽の使者が帰ると、(その使者の元へ)密かに参向して訊ねる者もあったが、みな家族が無事で普段以上の待遇を受けていることを知り、そのため関羽の官吏兵士は闘争心を失っていった。そのころ孫権の到着を間近に控え、関羽は自分が孤立していることを知り、麦城へと逃走した。(さらに)西進して漳郷まで行ったところで、兵士たちはみな関羽を捨てて投降した。孫権が朱然・潘璋にその経路を遮断させると、すぐに父子ともども生け捕りになった。荊州はついに平定されたのだ。

[一] 『呉書』に言う。将軍士仁は公安にあって防戦に努めたが、呂蒙が虞翻に命じて説得させた。虞翻は城門まで行って門番に告げた。「吾は汝の将軍と話し合いたいのだ。」士仁が面談を承知しなかったので、手紙を書いた。「明るき者は未然に災禍を防ぎ、智者は将来の憂患を片付けるもの。利益を知り、損失を知ってこそ他人に役立ち、生存を知り、滅亡を知ってこそ吉凶を見分けることができるのです。大軍が進攻したというのに、斥候はなすすべもなく、烽火は挙げる暇もありませんでした。これが天命でないとすれば、必ずや内応者があったのでしょう。将軍は進んで時機を見ることなく、時機が到来してもやはり対応せず、ただ独りで包囲された城に楯籠って降服しようともなさりません。戦死なされば一族の祭祀は絶え、天下の笑い種となりましょうぞ。呂虎威はまっすぐ南郡を目指し、陸路を断絶なさるおつもりです。逃げ道が一度塞がれたならば、この辺りの地形から考えてみますと、将軍は箕の舌の上におられるようなもので、脱走しても逃げ切れず、降服すれば信義を失うことになり、密かに将軍の御為を考えて不安にかられるのでございます。熟慮いただければ幸いです。」士仁は手紙を受け取ると、涙を流しつつ降服した。虞翻が呂蒙に告げた。「これは偽りの兵でございます。軍勢を残して城を固めるとともに、士仁を連行して進軍すべきです。」そこで士仁を連れて南郡へ向かった。南郡太守麋芳は籠城したが、呂蒙が士仁の姿を彼に見せてやると、そのまま降服した。 『呉録』に言う。かつて南郡城内で失火して数多くの兵器を焼き、関羽がそのことで麋芳を責めたことがあり、麋芳は内心、恐怖を感じていた。孫権が(それを)聞いて彼に誘いの手をかけると、麋芳は密かに手を結んだ。呂蒙が進攻してくると牛酒を捧げて城外に投降してきた。

(孫権は)呂蒙を南郡太守として孱陵侯に封じ、[一]銭一億、黄金五百斤を下賜した。呂蒙は金も銭も固辞したが、孫権は許さなかった。封爵はまだ行われていなかったが、そのとき、呂蒙が発作を起こした。孫権はこのとき公安にあったが、(彼の身を)奥御殿へ引き取り、八方手を尽くして治療看護にあたり、呂蒙の病気を治すことができる者を賞金千金でもって領内に募集をかけた。鍼を刺すときには孫権が彼のために心を痛め、何度か彼の顔色を確かめたいとは思ったが、同時に気を遣わせてはならぬとも思い、いつもは壁に穴をくじって覗き込んだ。少しでも食が通ったのを見ては喜び、振り返って左右の者と談笑したりしたが、そうでない場合には咄唶して、夜中でも寝付けなかった。病気が少しえると大赦令を下し、群臣が揃って祝辞を挙げた。後日また病気が重くなったので、孫権は自ら見舞いに赴き、星辰の下で彼の延命を請うよう道士たちに命じたが、四十二歳にして、とうとう奥御殿において卒去した。このとき孫権の哀痛は甚だしく、彼を思い出しては気落ちして痩せ衰えた(?)。呂蒙は死去する以前、与えられた黄金財宝などの下賜の品をことごとく蔵に納め、(自分の)命が絶えた日に残らず返上せよと担当者に命じておき、葬儀は倹約に努めさせた。孫権はそれを聞いてますます悲歎に暮れた。

[一] 『江表伝』に言う。孫権は公安で盛大な酒宴を催したが、呂蒙は病気だといって列席しなかった。孫権は笑いながら言った。「関羽を生け捕りにした功績は子明の計略である。いま大功を立てて勝利を果たし、恩賞の沙汰はまだ行われていないのだから、どうして邑邑とすることがあろう?」そこで歩騎と鼓吹を加増し、虎威将軍の官属ならびに南郡・廬江両郡の威儀を直々に選出してやった。沙汰が終わって軍営に帰るとき、兵馬や鼓吹が前後に付き従い、路上に光り輝いた。

呂蒙は若いころに書伝を学んでおらず、重要な案件を陳述する際には、いつも口述で上奏文を作っていた。かつて部曲の件について江夏太守蔡遺に告発されたことがあったが、呂蒙は怨恨を持たなかった。予章太守顧邵が卒去したとき、孫権が任用すべき人物について下問すると、呂蒙は、蔡遺が職務を遵奉する佳吏であると推薦した。「君は祁奚になるつもりなのかね?」と孫権は笑い、彼を任用することにした。甘寧は粗暴で殺戮を好み、これまで常々、呂蒙の気持ちを裏切ってきたし、しかも時々、孫権の命令にも違背することがあった。孫権は腹を立てたが、呂蒙がその都度「天下はまだ安定しておらず、甘寧ほどの闘将は得難きものです。なにとぞご容赦くだされませ」と陳情したので、孫権はそれから甘寧を手厚くもてなし、最終的には彼を役立てることができたのであった。

呂蒙の子呂霸が爵位を襲い、墓守三百家を与えられ、田五十頃が(租税免除)とされた。呂霸が卒去すると、兄呂琮が侯位を襲い、呂琮が卒去すると、弟呂睦が後を継いだ。

孫権は陸遜とともに周瑜・魯粛および呂蒙について論じ合い、述べた。「公瑾は雄邁壮烈、胆略は他人を圧倒し、ついに孟徳を打ち破って荊州を開拓し、(その行跡は)邈焉(悠遠)にして引き継ぐのも困難であるが、君がいまそれを引き継いでいるのだ。公瑾はむかし子敬(魯粛)が東方へ来られるよう取りはからい、孤に引き合わせてくれた。孤は酒席で彼と語り合ったが、(話題は)その場で大いなる計略、帝王の事業に及んだ。これが第一の快事である。のちに孟徳が劉琮を落とした勢いに乗じ、数十万の軍勢を率いて水陸両道から一斉に下向するぞと張言したとき、孤は諸将を招来して方策を諮問したが、それに適して先対する者はなく、子布・文表に至っては使者を派遣し、檄文を回して彼らを迎え入れるのがよいと口を揃えて言ったものであった。子敬はすぐさま反駮して不可と言い、早急に公瑾を呼び戻して軍勢を委ね、奴らを迎撃するよう孤に勧めてくれた。これが第二の快事である。しかも彼が計策を定めたのには、張(儀)・蘇(秦)をはるかに上回る意図があったのだ。のちに玄徳(劉備)へ土地を貸すよう吾に勧めたのは短所の一つではあるが、二つの長所を台無しにしてしまうほどのものではない。周公は一人に完備を求めなかった。それゆえ孤はその短所を忘れて長所を尊び、つねづね鄧禹になぞらえてきたのである。また子明が若いころ、孤は(彼のことを)劇易を言わぬ、果敢にして胆の据わった人物であるに過ぎないと思っていた。成長するに及んで学問で能力を身に付け、計略は奇抜であり、発議の英明渙発さという点で及ばずとも、公瑾に次ぐ者といえよう。関羽攻略については子敬よりも勝っていた。子敬は孤の手紙に答えて『(古代の)帝王が立ち上がるときにはみな先駆けが付いておりました。関羽を懸念されることはございません』と言っておったが、これは子敬が内心では弁明できなかったのを、表面的に壮語して見せたのであるが、孤はそれも大目に見てやって咎めることはしなかった。しかしながら彼の用兵は、屯営では過失を犯す者がなく、命ずれば行われ、禁ずれば収まり、管轄では廃負する者もなく、路上にあっても落ちている物を拾う者はなかった。その手並みはやはり見事なものであった。」

評曰:曹公乗漢相之資,挟天子而掃羣桀,新盪荊城,仗威東下,于時議者莫不疑貳.周瑜・魯粛建独断之明,出衆人之表,実奇才也.呂蒙勇而有謀断,識軍計,譎郝普,禽関羽,最其妙者.初雖軽果妄殺,終於克己,有国士之量,豈徒武将而已乎!孫権之論,優劣允当,故載録焉.