利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

楊儀

楊儀,字威公。為蜀相諸葛亮長史,加綏軍将軍。

亮出軍,儀常規画分部,籌度糧穀,不稽思慮,斯須便了。軍戎節度,取辦於儀。亮深惜儀之才幹,凭魏延之驍勇,故(嘗)[常]恨二人之不平,不忍有所偏廃也。

[建興]十二年,亮出屯谷口,卒於敵場。[儀率]全軍而還,又(誅討)[討誅]魏延,自以為功勲至大,当代亮。而方廃中軍師,無所統領,従容而已。遂大怨憤,謂費禕曰:“往者吾若挙軍就魏,寧当落度如此[邪]!令人追悔不可更及。”

禕表其言,坐徙。儀復上書誹謗,詞旨激切。遂下郡収儀,自殺。