利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

習珍

習珍,為零陵北部都尉,加裨将軍。

孫権殺関羽,諸県響応。[珍]欲保城不降,珍弟[宏]曰:“駆甚崩之民,当乗勝之敵,甲不堅密,士不素精,難以成功。不如暫屈節於彼,然後立大効以報漢室也。”珍従之,乃陰約樊胄等挙兵,為権所破。珍挙七県,自号邵陵太守,屯校夷界以事蜀。

[孫権遣]潘濬討珍,所至皆下,唯珍所帥数百[人]登山。珍遂謂曰:“我必為漢鬼,不為呉臣,不可逼也。”因引射濬。濬還(共)攻,[珍固守]月余,糧・箭皆尽。[珍謂群下]曰:“受漢厚恩,不得不報之以死。諸君何為者?”即仗剣自裁。

劉備聞珍敗,為発喪,追贈邵陵太守。

[弟宏在呉,凡有問,皆不答。]張邵伯難(習)宏曰:“若亡国之大夫不可以訪事,敗軍之将不足以言勇,則商之箕子当見捐於昔日,趙之広武君無能振策於一世也。”

後賊発其漢末先人墓,堀習郁冢作炭竈,時人痛之。

珍子温。