利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

楊顒

楊顒,字子昭,襄陽人也。[入蜀]為[巴郡太守・]丞相[諸葛]亮主簿。

亮[嘗]自校簿書。顒直入諫曰:“為治有区分,則上下不可相侵。請為明公以家主喩之:今有人於此,使奴執耕種,婢主炊爨,鶏主(引)[司]晨,犬主吠盗,牛負重載,馬渉遠路,私業無曠,所求皆足,雍容高拱,飲食而已。忽一旦尽欲[以]身親其役,不更付任,労其体力,為此砕務,形疲神耗,終無一成。豈其智不如奴婢・鶏犬哉?失為家主之法也。故古人称坐而論道(為)[謂之]三公,作而行之謂之卿大夫。丙吉不問横尸而憂牛喘;陳平不肯対銭穀[之数],云自有主者。彼誠達於(徳)[位]分之体也。今明公為(理)[治],親自校簿書,流汗竟日,不亦労乎!”亮謝之。

後嘗為東曹属,典選挙。

及顒死,亮泣三日,与蔣琬書曰:“天奪吾楊顒,則朝中(多)[少]損益矣。”