利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

向寵

向寵先主劉備)の時代、牙門将になった。秭帰の敗北のおり、ただ向寵の陣営だけが完璧であった。のちに中部督となり、宿営の兵をつかさどる。

諸葛亮は北方へ出陣するに際し、上表して述べた。「将軍の向寵は、日ごろからの行いが従順公正であり、軍事に通暁しております。むかし試験的に任用してみたところ、先帝(劉備)は彼を有能であるとお褒めになりました。それゆえ衆議に従い、向寵をに推挙したのでございます。愚考いたしまするに、陣営の事柄は、一切、彼にお訊ねくだされば、きっとうまく陣中を和睦させつつ、優劣に従って然るべき位置に就けるでありましょう。」

弟は向充である。