利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

77 無断退官を禁止しない

賈琮為冀州刺史,有司有贓過者,望風解印綬去.(琮伝)朱穆為冀州刺史,令長解印綬去者四十余人,及穆到任,劾奏至有自殺者.(穆伝)李膺為青州刺史,有威政,属城聞風,皆自引去.(膺伝)范滂為清詔使,案察貪吏,守令自知贓污,皆望風解印綬.(滂伝)陳寔為太邱長,以沛相賦斂無法,乃解印綬去.(寔伝)宗慈為修武令,太守貪賄,慈遂棄官去.(慈伝)案令・長・丞・尉,各有官守,何以欲去即去?拠左雄疏云:「今之墨綬,拝爵王廷,而斉于匹(庶)[竪],(動輙)[叛命]避負,非所以崇憲明理也.請自今守相長吏,非父母喪,不得去官.其不遵法禁者,錮之終身.若被劾奏,逃亡不就法者,家属徙辺,以懲其後.」(雄伝)黄巾賊起,詔諸府掾属不得妄有去就.(范冉伝)可見平時朝廷無禁人擅去官之令,聴其自来自去而不追問也,法網亦太疏矣.