利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

95 漢の九州復古

『後漢書』に、建安十八年、禹貢の九州を復活した、とある。『魏志』でも、この年、詔勅により十四州を合併して九州とした、と述べている。『献帝春秋』の言うには、幽州・幷州を廃止して冀州に併合し、司隷校尉および涼州を廃止して雍州に併合し、これにより兖州・予州・青州・徐州・荊州・揚州・冀州・益州・雍州の九州となった、とのこと。『荀彧伝』を調査すると、こうある。建安九年、ある人が「九州を復古すれば冀州の所轄が広くなりますぞ」と曹操を説得した。荀彧が「もしそのようになさるならば、冀州は河東・馮翊・扶風・西河・幽州・幷州の地を獲得することになり、収奪が多すぎます。関右の諸将はきっと順番に奪われるだろうと思い、人々を不安にさせることになります。天下を片付けるのが容易でなくなるのが気がかりです」と言ったので、曹操はそこで九州の議論を寝かせておいた、と。このときになって改めて復活させたのであるが、思うに、幽州・幷州および関中のもろもろの郡国は、みな、当時すでに平定されていたため、曹操は自分自身が主体となって、将来の王都たる地をすっかり収めておきたかったからであろう。その前年を見れば、すでに蕩陰・朝歌・林慮・衛国・頓邱・東武陽・発干・廮陶・曲周・南和・任城・襄国・邯鄲・易陽を分割して魏郡に加増しており、この年、さらに冀州の河東・河内・魏郡・趙国・中山・常山・鉅鹿・安平・甘陵・平原の十郡でもって曹操を魏公に封じたのである。九州復活がまさに受禅の地ならしになっていることが見てとれよう。